底辺労働者の給料【手取り15万】

手取り15万

最近Twitterで手取り15万というのが話題になっていた。手取り15万は一人暮らしはおそらく無理でしょう。ホントにおんぼろアパートで質素な暮らしをすれば可能かもしれないが、その精神的な苦痛を味わうくらいだったら、副業にチャレンジして収入を増やして生活を楽にする方向に持っていったほうが良いのかなと思う。

手取り15万に対して思うこと

今の俺からすれば手取り15万は、そこそこ稼げてるじゃないかというレベルで、最近の俺は手取り15万も稼げないことが殆どです。

手取り15万になるには、時給1,200円くらいないと無理だろう。時給1,200円は底辺非正規労働者からすれば高時給であり、なかなかそのような仕事にありつけないし、ありつけたとしても訳アリが多い。

今の俺の仕事も時給1,200円だが、所詮訳アリだった。今度面接を受ける仕事は時給1,000円の仕事です。今の俺は給料よりも心身の負担の少ない仕事をやりたいと思っている。時給1,000円だと手取り13万前後になるだろう。

手取り15万の仕事に対しての考え

俺は手取り15万ごときの仕事で、心身が病んでしまうことは馬鹿馬鹿しいので、仕事が辛いなと思ったら転職するなりしたほうが良いと思う。俺も今それを実行しようと思っている。

今の俺の状況は、配属された部署の人員が不足しているし、今職場にいる人間も病弱で体が動かなくなっているパワハラジジイと、物流経験が浅い口ばかり達者な若造しかいない。すでに職場はすでに崩壊していおり、俺もかなり負担を抱えている。

そんな仕事を続けていたとしても毎月手取り15万しか得られないなら、手取り13万くらいに下がっても良いので、もう少し心身の負担のかからないような仕事をやったほうが良いと感じた。そしてそれ以外の場所で、ネットでの副収入を膨らましていく。

今は手取り15万の仕事のおかげで、心身の疲労が半端なくて仕事以外の時間に何かをすることもできない。かろうじて出勤前にブログを書くことはできているが、それも30分程度時間が取れれば良いほうです。

手取り15万ごときの仕事で辛いと感じたら、俺の場合は迷わず転職します。とくに非正規労働者は、安月給でそのつらい状態が会社に在籍している以上ずっと続きます。

雇用されて稼ぐことは諦めよう

もうこれからの時代は雇用されて働くことで、裕福になることは確実に無理なので、最初から諦めたほうが良いと思う。そして会社の仕事に関しては重く考えず、職場が嫌ならとっとと辞めてしまったほうが良い。

駄目なものを無理に続けていても、その先に光なんてものは一切ない。駄目なものはとっと辞めて、別な道をどんどん探していく。そうしないとあっと今に老人になってしまう。心身病みながら立ち止まっている暇はありません。

そういうふうに行動している中で、自分自身で雇用されないでやれる個人ビジネスを見つけてそれを育て、副収入的なものを膨らましていけば良いと思う。今はブログでもYou Tubeでもお金になる。今はネット社会なので、情報の発信でお金に変わる時代。それに対して批判的な人はかなり時代についていけてないのかなと感じます。

会社の仕事は程々にして、自分でネット上で情報発信をして収入を得ていく個人ビジネスを育てる感じにしていったほうが、人生面白くなるし幸せになれるんじゃないのかなと感じます。