上司に退職を告げる【短期離職の常習犯】

短期離職の常習犯

今日は上司に今月いっぱいで仕事を辞めることを伝えなければならない。こんな話をするのも嫌なのだが、崩壊している職場で苦しんでいる状況を続けていても、その先にも苦しかないし、今の仕事からも何もスキルは得られないし、ただ苦しい時間を作りそして時間を無駄にしているにしか過ぎない。

毎日を俺は求人を見ているが、まともな仕事なんてありません。とにかく給料面はあまり視野に入れず、心身に負担があまりかからないような仕事をやっていこうと思っている。月給手取り10万でも良い。

雇用されて働く部分に関しては、もう俺は希望は持てないので、補助的な収入の考えて、自分自身でネットを使ってお金を作ることに力を注いでいこうと思う。普通のサラリーマンから見たら馬鹿なこと言ってるなと思うかもしれないが、俺は社会に出てもそんなサラリーマンの下で、低賃金の奴隷として働く機会しか与えられない。

フリーターで長時間労働は俺的には無理。フリーター+個人で得るネット収入というスタイルを目指しているので、フリーターで夜遅くまでの仕事はどうしても受け入れることができない。フリーターの特権は働く時間も融通が効くところだが、今の職場はそうではない。給料は非正規労働者並だが、働き方が正社員並みになってしまっている。

若干の心に迷いがあるが、今日上司に今月いっぱいで辞めることを伝えます。体力的にももう辛いしな・・・。