仕事を辞めさしてくれない会社【潰れそうな職場の特徴】

潰れそうな職場の特徴

俺は今の仕事は今月末で辞めることにしていて、今月の前半には上司に今月末の契約満了日まで働いて仕事を辞めることを伝えていた。

しかし、最近になって次の仕事が決まるまでいてくれと言われ、勝手に11月いっぱい働くような話に持っていかれてしまって、俺もその時はっきりと返答しなかったが、次の仕事が決まり次第辞めることは伝えたが、耳に入っているのか入っていないのかわからん態度をとっていた。

今日は朝にはっきりもう一度言っておこうと思う。次の仕事が決まったら即辞めることと、11月以降は就活を優先させるので、仕事を度々休むことを伝えます。

11月に仕事を続けるとなると、また雇用契約書を書かされます。本来なら契約書を書かされれば、またすぐにやめられない状況になってしまう。口約束で次の仕事が決まったら辞めると上司に伝えるだけで、仕事が決まったとき辞めさせてくれるのかも疑問。その上司もなんか信用ができないし、ただの人転がし業のボスにしか過ぎない。俺の今いる会社ってのは、請負会社で、派遣会社と似たようなことやっている会社です。

契約書を欠かされる前に、退職の件は強く言っておかなければいけないだろう。後々契約書にハンコ押したんだから、契約期間の半年間働いてもらななければ困ると言われそうな感じもする。

人が寄り付かなくなっている職場ってのはなかなか辞めさしてくれません。俺が今所属している部署も病気で体が弱っている老人と派遣社員の若造と俺しかいません。物流倉庫でそのメンバーで業務を回すのは普通では無理ゲーな話で、俺は物流経験があるから今の仕事はそこそこでき、俺がその職場からいなくなれば業務もかなり回らなくなる。しかし、そんな将来性のない職場に俺の人生を捧げるつもりもない。

しっかりと今日の朝上司に言っておかないとマズいだろう。11月以降は次の仕事が決まったら即辞めることと、出勤できない日が度々あることの2つを伝える。退職しようとしている人間をギリギリまで使わないと業務が回らないってのも、その職場既に終わっている。俺もかなり前に退職することは上司に伝えてるが、後釜も用意するわけでもなく何も対応をしていない。

ホントに潰れる寸前の職場に入社してしまうと、なかなか逃げられない。ネチネチネチネチとなんとしても辞めさせないようにして、都合のいいように人を使おうとします。俺もホントに腹が立って、馬鹿か〜!って言いたいぐらいです。

    コメント

    1. 諦めない中年 より:

      こんにちは。諦めない中年だょ。…その後、上司に再度の(意思)を伝えられたでしょうか?…あと、タイトルの下に映し出される映像=働いている倉庫の写真?~違うかな。…現在、昼休み中~今日も[指示]や[ダメ出し]など。…すでに疲労ぎみ~午後もがんばろう。