底辺の求職活動【選択肢は奴隷労働】

選択肢は奴隷労働

昨夜、寮付きの派遣の仕事の求人に応募した。二交代制のどぎつそうな仕事です。

底辺の仕事というのは、誰にでもできて、どぎつくて、そして誰もがやりたがらない業務が多い。その仕事をやり続けたからといって、将来が明るくなるわけでもなく、賞与昇給退職金もなく、昇格はなく常に職場内でも末端の底辺でいなければならない。

しかし、底辺に落ちている人間はそんな仕事の求人にも応募し必死で働こうとするが、選考結果が不採用だったり、採用されてもブラック労働すぎて心身を壊し働けなくなる人も多い。

底辺労働からは、将来に繋がるものは何一つありません。しかしながら今の生活をギリギリの線で維持するために、底辺の人間は底辺の仕事を必死にやろうとする。

俺は雇用されて働く仕事に関しては、無心で底辺労働をするしかない。とにかくお金のことだは最低いくらの給料でなければならないというのを設定しておいて、仕事がきついとかは多少妥協しようと思っている。

ここ最近、給料の低い仕事ばかりをやってきたが、給料が低い仕事は業務内容が楽だろうという勝手な判断でやってきたが、給料が高い低いで業務の大変さは比例していない。ホントにブラック労働すぎて体を壊してしまうようではしょうがないが、給料が最低限あれば、これくらいの重労働には耐えられるだろうというラインができる。給料が低すぎると何やっても耐えられなくなり、なんのために働いているのかもわからなくなってしまう。

本当なら今の仕事は今週いっぱいで終わりの予定だったが、職場に人がいないので辞められなかった。来月は就活を優先するし仕事が決まり次第辞めるつもりではいる。そうしないといつまで経ってもキリがない。万年求人出している会社ってのは、万年職場が人員不足なので、良い人気取りしてそれに付き合っていたら、ずっと辞められなくなってしまう。

今の職場も立場が上の連中が、末端の連中を見下しまともな待遇で働かせていないから、万年人手不足になっているのだろう。ホントに奴隷のような扱いで、俺は職場では一切笑えない状況になっている。今の職場で本気に笑ったことは一度もない。非常につまらない職場で1秒たりともいたくないのが本音です。ぶっちゃけムカつくことばかりで、それを俺はいつも作り笑顔で切り抜けている。

底辺労働は俺にとって繋ぎの仕事にしたい。自分自身で収入を得る力をもっと膨らましては生きたいと思っている。マリモン先生凄いよな〜。ブログとYou Tubeだけで月14万超えして、そしてガソリンスタンドのバイト、バナー制作とかして、そこらへんでも収入を得ている。おそらく俺の今の仕事の月給よりも超えるだろう。仕事も分散し、いい具合にリスク分散していて俺が求める働き方はマリモン先生のようなパラレルワークなんだよね〜。マリモン先生は結構すごい人間だぞ〜。あの生き方は常人には難しい。

    コメント

    1. 諦めた中年 より:

      こんばんは。諦めた中年だょ。
      2交代といっても実質14時間労働だったりするし、そもそも24時間を2交代ってどうなのょ…って感じだょ。

    2. 諦めない中年 より:

      こんにちは。諦めない中年だょ。…!?~諦めた中年サンですかぁ。(笑)…そうかぁ!~2交代って事は、12時間以上?勤務するって事かぁ。(汗)…俺の方は~マイペースで黙々と仕事をこなしてます。今週からは、感じの良い社員サンとの連携なので~気楽な一週間となりそう。…午後もがんばろう。

    3. なか より:

      結局今より夜勤がある分キツくなりそうやん
      君は何がしたいんや

    4. カノン より:

      期間工とかはダメなんですか?
      借り上げマンションとかアパートの部屋に住める所もあるし、
      何より給料が良いので貯金できると思いますが。
      下手な派遣よりよほど福利厚生もしっかりしてるから、
      生活を立て直すには良いですけどね。

    5. お前ってほんと口ばっかだな より:

      そんなにマリモンすげーすげー言うなら、お前も見習ってyoutubeをやればいいじゃねーかよ。
      何かできない理由でもあんのか、おめーよー。