退職後の勤務【仕事を辞めさせてくれない会社】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

仕事を辞めさせてくれない会社

本来なら今の仕事は先月末で契約満了という形で退職する予定だったが、人がいい俺は上司の口車に乗っかってしまって、契約を更新し今月も勤務させられている。

俺の後任なんて来るわけがない

俺が今月も働かなければならない理由の1つに、俺の後任がいないというのがあるが、はっきり言って後任を探している雰囲気もないし、新人が入ってきたとしても現場を見てすぐ逃げ出すだろう。

病気で体が動かなくなっているクソジジイにこき使われたら、一瞬でバックレるだろう。俺も心をおもいっきり沈めて冷静な対応しているが、2、3年の前の俺だったら即バックレをすると思う。

既に組織も崩壊しているし、仕事も押しつけになっているので、こんな馬鹿馬鹿しい環境で真面目に働こうとする奴はいない。職場には部下のいないクソジジイリーダーが一人取り残された状態が、一番その職場にはお似合いな状況だろう。今日も俺は怒りをぐっと抑えながら業務をこなしていましたわ〜w

仕事を辞めていく人間は敵です

仕事を辞めていく人間なんてものは、その仕事をする気がないの辞めるのに、その人間をなんとしても残し、仕事をやらせようとすることは、翌々考えてみると邪道だろう。

仕事を辞めていく裏切り者の力を求めているようなもので、もし俺が管理職で仕事を辞めようとしている人間がいたのならば、とっとと辞めろと言った感じになるだろう。

辞める人間の力をあてにしているようでは、その会社も終わりってことでしょう。

ぶっちゃけ今すぐに辞めたいしバックレたい

マジに今すぐにでも今の仕事をバックレたいのだが、バックレると次の就活にいろいろと爆弾を抱えることになる。

俺もいろいろと面接のために、転職にあたってのストーリーを考えて、面接時に発言するので、感情的な仕事の辞め方をした場合はそのストーリーが崩れてしまう。

転職王として人生のストーリー設定はしっかりとしておかなければならないだろう。

おそらく今週中にも面接が入るかもしれない。面接が入ったら仕事を休んで堂々と面接に行ってきます。そのことも上司に伝えてある。職場が人手不足で忙しくても、そんなものはお構いなし。自分の人生のほうが大事です。

今の職場はとりあえず潔く潰れてくれといったところです。俺もかなり怒りを堪えて今までやってきたが、生産性が低ければ潰れるしかないだろう。

俺は自分自身の人生を良くすることに集中したほうが良い。腐った職場で我慢していたら、自分が腐ってしまう。腐った職場はあまり関わらないほうが良い。