非正規労働者の職歴【就活時の職務経歴】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

就活時の職務経歴

俺もかなり就活をしてきたが、最近になって確信したことがある。

非正規労働者の就活において職歴は関係ない

非正規労働者の求人に応募し就活をする場合は、ほぼ過去の職歴は関係がない。面接時に心身ともに健康そうならば採用されるだろう。ちょっと暗い雰囲気を醸し出していたら不採用になるかもしれないが、あまり職歴は関係がない。

とくに派遣の仕事の場合は、転職100回やっている人間でも、面接時にまともそうに見えれば採用する会社ってかなり多いと思う。派遣の仕事は自分が辞退しなければ、採用される確率は高い。ま〜、仕事は糞仕事しかないけどね。

派遣の仕事紹介の電話が鳴りまくる

俺はいくつかの派遣会社に登録しているのだが、必ず1日1回か2回は、派遣会社からの電話の着信が残っています。凄いときは4件くらい入ってるときもあるが、俺自身がその時点で派遣会社を必要としていない場合は、折返し電話はかけることはしていない。

派遣会社は現時点で全国のコンビニよりも数が多いと言われています。おそらく派遣会社になろうとしている人の数に対して、派遣会社の数が多すぎて人材の取り合いをしているのだろう。

そんな状況なんで、自分の職歴がひどくても派遣会社の方から強引に採用しようとし、人が集まらない職場に送り込もうとしている。今回も俺はそんな流れですぐに仕事が決まってしまったようなものです。

嘘の職務経歴でも通用する

派遣の仕事をするのであれば、嘘の職歴でも話が普通に通ってしまうだろう。派遣会社から見たら、求職者の職歴なんてものはそれほど重要ではない。

この人間をどこの職場に放り込むかしか考えていないだろう。そしていかに長く勤めさせるかってことだけです。

派遣会社の求人の場合は、空求人の場合はもう人が埋まってますだけで断られるが、話がちょっとでも進む求人に関しては、ほぼ採用される。職場見学までいくとほぼ採用です。空求人以外なら確実に採用されます。間違いなく空求人というのは確実にあります。それは派遣登録目的のトラップを仕掛けてるだけで、実際にその求人は存在しない。

新たな仕事に全く不安がない

所詮派遣の仕事なので、新しい仕事が始まるという不安感が全くない。これで正社員でまともな仕事だったら不安になるが、底辺派遣労働では不安になる要素がない。

ま〜、自然の流れに乗るだけです。何も考えずに仕事をしていきますわ〜。