行き場を失う中高年【バブル世代リストラ祭り】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

バブル世代リストラ祭り

今まで45歳のリストラが世間では話題になっていましたが、今後は50代のリストラがかなり増えてくるようです。俺らの世代は就職氷河期世代と言われる世代で、俺らよりもちょっと上の世代はバブル世代と言われてます。

スポンサーリンク

バブル世代には優秀な人間が少ない

バブル世代は、言われたことをひたすら必死にやれば、収入もある程度得られた世代で、自分から新しいことを考える機会があまりなかった世代でもある。そしてこの世代の人は、パソコンに疎い人も多い。パソコンが個人に普及し始めたのが、俺らの世代が社会人になるかならないかの時期だった。

俺も色んな会社を見てきたが、考えてみると優秀な50代はあまり見なかったような気がします。逆に仕事ができない人を度々見かけました。おそらくこの世代の人は仕事の生産性が低いのだろう。なので企業もバブル世代のリストラも考え始めているのだろう。

就職氷河期世代のあとはバブル世代が犠牲になります。

50代過ぎでは底辺労働への転職も無理

50代過ぎていては、底辺労働への転職も無理だろうと思う。採用する方もあと何年働けるかわからない人材だし、働く方だって底辺労働といえば肉体労働しかないので、50代過ぎて新たに肉体労働をするのは、俺の目線から見て確実に無理だ。

40代半ばの俺でさえ、底辺の現場の肉体労働は過酷で毎日ヒーヒー言っているのに、50代過ぎては絶対無理。気力だけでは体が動かないということが、40代の俺でもある。筋肉が限界に来ると力が入らなくなります。決して俺は筋力がない方ではない。人間がやれるギリギリの肉体労働を底辺労働ではやらされます。

起業を目指さない中高年は食っていけません

働き口がなければ食っていくこともできないので、自分でお金を稼ぐ力は作って、徐々に成長させていかなければならない。中高年が肉体労働を定年、俺らの世代だと75歳くらいまで働かなければならないのだろうが、そんなのは無理に決まっているだろう。

70代の人間が派遣社員の倉庫業務なんて、天地がひっくり返っても不可能です。かと言ってゆるくて食っていける仕事はありません。ゆるい仕事というのは大体女性向けの仕事です。男はそんな仕事に応募しても、応募すら受け付けてくれない。

俺も今の働き方は、おそらく3年間が限界だろう。50過ぎて今のような派遣社員として肉体労働を続けることはできないし、その前に日本経済も破綻を迎えるので、底辺労働でさえ職場の経営が傾きだし俺も働ける場所を失うだろう。

俺ももっと会社に頼らず自力での収入アップを目指さなければならない。

    スポンサーリンク

    フォローする