2019年の俺の感想【2019年の思い出】

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

2019年の思い出

今年は色々あったが結果的にいろんな経験ができて、俺自身も成長できた年になったのかなと思います。

スポンサーリンク

今年の転職回数は3回

今年の転職回数は3回です。

職歴はこんな感じです。

3月 倉庫業務の仕事退職 派遣社員

5月 製造業務の仕事入社 派遣社員
6月 製造業務の仕事退社 派遣社員

7月 倉庫業務の仕事入社 契約社員
11月 倉庫業務の仕事退社 契約社員

12月 倉庫業務の仕事入社 派遣社員

転職回数は多かったのだがすべて円満退職です。3月に退職した職場と7月から11月まで働いていた職場の人からは、また来てよと言われました。そして5月から6月まで所属していた派遣会社に今また所属して働いています。

今年は悪い辞め方はしていないし、いろんな職場を見たり人と関わったりして、凝縮された経験ができたので、悪くはない1年間ではあった。なので精神病に陥ることもなかった。現時点で割とポジティブな気持ちでいられている。

母ちゃんの癌

今は母ちゃんは元気に生活をしているのだが、癌が見つかったのは6月の中旬でした。俺が6月の中旬に体調を崩し医者に行って、医者から帰ってきて寝てたときに親父が俺にお母さんが癌だってよと叫んできた。

母ちゃんの癌が見つかって以降は俺も毎日が憂鬱で仕事も手につかなくなってしまった。その時実家の財産の引き継ぎのことを母ちゃんから言われて、俺はその時母ちゃんが本当に死んでしまうんだと涙が出そうになったがこらえていた。親父はお金の管理が全くできないので、母ちゃんは財産を俺に託すことをしようとしていた。

7月くらいになると母ちゃんの癌の正体がだんだんと分かってきて、若干に希望が持て始めたが、実際に手術をしないとわからないってのもあったので完全には憂鬱な気持ちが取れなかった。

手術前はStageⅢbという癌の状態だったが、手術後はStageⅡということがわかり、癌も全て取って今は元気に生活をしている。なんとかしばらくは生きられそうなので俺もホッとしている。すでに母ちゃんも70歳過ぎているのであと何十年も生きることはできないが、できるだけ長く生きていって欲しいと思う。

この1年で学べたこと

今の時代は自分を成長させたいと思うのならば、どんどん行動するべきだと感じた。成長させるためには転職も何回したって構わないだろう。曖昧な気持ちでずっと同じ場所にいても人は全く成長しません。

俺も去年の今頃やっていた仕事の時給よりも今の時給のほうが150円多い。結果的に去年よりも収入がアップしました。非正規労働者は行動しないと給料も上げられない。フリーターとして生きるのであれば、自分自身がプラスになる場所を求め続けなければいけない。

それと母ちゃんが癌になってわかったことだが、何よりも健康が1番です。体が丈夫ならある程度のことはできる。健康は宝です。

俺も最近太りはしていないが暴飲暴食気味なので、食事には気をつけていこうと思う。

来年も健康な一年にしたい。健康ならそれだけでいい。

    スポンサーリンク

    フォローする