本読みまくり

今日は失業保険を止める手続きで、千葉のハロワーに行ってきました。

千葉までの電車での往復で電子書籍を2冊読み終えました。家に戻りそしてWonderGOOに行きまた立ち読みをし、家に帰りまたKindleで新たに電子書籍をダウンロードし読み始めている。

電子書籍をKindleでダウンロードをしていると言ってもKindle Unlimitedで0円で読める本か、Kindleでは0円で販売されている本があるので、そういったものをダウンロードをしている。そういった本と、書店で並んでいる本を読み比べてみても、書いてある内容は似たり寄ったりです。Kindle Unlimitedの会員ならば、0円で読める本を沢山読んでれば良いだろう。何も書店で買う必要はない。

起業に関する本を何冊か読んだが、具体的に何をどうすれば良いのかは書かれてはいません。物事をしっかりと整理をつけて、とにかく行動してみることは、どの本にも書かれていた。情報や知識ばかり集めているだけで、行動に出れないのはダメだとか、そんなことが書かれている。

副業として電子書籍出版も考えたが、電子書籍を書くからには何らかの成功者にならなければ駄目だと思う。成功もしていない奴の本なんか買うわけもないし、書いている人間もただのペテン師にすぎない。書籍を出版できるのは成功者のみだろう。

やはり物販しかないのかな〜・・・?

俺は本業が正社員であろうと非正規労働者であろうと、確実に副業はしなければならない状況だとは思う。本業だけでは詰んでるし、将来がありません。現実俺もいろんな会社を見ているが、決して正社員の給料って高くないです。俺も時給850円で、週3日分と残業代の給料が払われない超絶ブラック会社に正社員として4ヶ月働いたこともある。週6日働いて残業も毎日3時間やって月の総支給が11万だった。最後辞めるとき社長に次行った会社でも良いことないぞと脅されたが、強引に辞めた。

朝8時から深夜1時まで働かされて残業代もない、月4日休出させられるもその4日分の給料が貰えないという超絶ブラック会社もあった。そこの社長も辞めるときボロクソ俺に対して言ってきた。そこは5ヶ月いたかな。この会社は万年求人を出していて、今も4つくらいハロワーの検索で引っかかります。

これ以外もおかしな会社は経験しているが、ここで書いていてもキリがない。雇用されて働くことに関しては、俺自身限界に来ている感じです。っていうか、応募できる会社も採用してくれる会社もないんだけどね。

10年20年前と比べると、製造業の種類と量は確実に減っていると感じる。昔機械の組立とか結構あったが、今あまり見かけません。たぶん人件費の安い外国でそういう仕事はやらせているんだろう。俺が一番最初に努めた会社も電子部品関係の業務だったが、俺が努めていた工場は昔になくなりました。そしてタイに工場があって、今はそこでやってると思う。

働き方は絶対に変えていかなくてはいけない。1つの会社でずっと頑張って評価されて、昇給、昇格する時代はとっくに終わっている。これから先はもっと酷い状態になるだろう。

俺も契約社員の道を選んでしまったが、正社員のように1つの会社で雁字搦めにされるのは、これから先は俺はそういう生き方はしたくないってのはあった。まともな会社なら良いけど、まともな会社ってあまりない。ま~俺もまともな労働者ではないけどね。正社員って副業も禁止のところが結構多い。その辺の俺は気が進まなかった。いろいろと拘束されてる感がどうも俺には合わない。

本格的に副業を考えていきたいと思います。このブログのカテゴリーに副業カテゴリを追加します。そのカテゴリーでは副業の進行具合を記事にしていきたいと思っている。