今年最初の出勤【人生をゲームとして捉える】

人生をゲームとして捉える

今日から仕事がスタートということで、俺もかなり憂鬱な気持ちになっているし、このブログを見ている方もそういう気持ちになっている人は多いと思います。

スポンサーリンク

どういう思考なら憂鬱な気持ちが消えるのか

俺は朝起床してから考えていたのだが、今自分が置かれている状況というのはゲームの中の出来事だと思いこむと若干憂鬱さがなくなってきます。辛い現実と思い込むと、段々とうつ状態なっていく。

なりたい自分を目指して試行錯誤しながら成長していくゲームとして、俺はプレイしていく。今年はそんな思考でやっていきます。

今年はサバイバル時代

今年はいろいろサバイバルな時代になりそうな予感はします。

日本経済は間違いなく崩れてくるし、正月からトランプ大統領のご乱心で戦争が起こりそうになっているが、戦争が起こればなおさら日本にも影響してくるだろう。日本もオリンピックどころではない話にもなる。

中高年はどんどんリストラをされる。俺もその中の1人です。派遣社員なんてものは調整人員に過ぎないので、暇になれば速攻クビになります。俺も今の仕事は1年続けられるかはわかりません。派遣先がそんな会社なので、仕事が少なくなった時点で躊躇なく派遣先から追い出されるだろう。

生き抜いて栄光を勝ち取る

俺はとにかく自分でネットでお金を稼ぐことを目指しているし、今年は月収5万程度を目指していきたいと思っている。まずはそこからです。

どっかの会社に雇用されて働くというのはもう希望は持てなくなっているし、これから先、生き抜いていくには自ら仕事を作り稼いでいくことが重要になってきます。それができないと餓死します。老後も年金がまともに貰えないだろう。

最終的な目標は、雇用されて働く部分5割、自分でネットで稼ぐ部分を5割といったワーキングスタイル作っていきたい。完全に雇用されて働く部分をなくすことは俺の能力では難しいと感じる。仕事を複数持つ複業というスタイルを今後作っていきたい。

高橋名人のように俺も名人になってやるぞい!