男のおしゃべりはアホ【自爆する男】

自爆する男

職場にも一番あとに入社してきた派遣社員の男がいるのだが、口がうまくそしてお調子者でペラペラと周囲に話しかけるわけです。そして俺はそんな人間に見下さられていて小バカにされた態度を取られるが、俺自身は相手にはしていない。

スポンサーリンク

いずれ化けの皮が剥がれる

そんなおしゃべりの中年男は俺よりも若く、そして頭がおもっきりハゲている。その癖調子のいいことペラペラと喋り、俺に対しても見下し俺よりもあとから入社してきた人間のくせに偉そうに指示を出しきます。

しかしながら周囲の人間もその人の人間性がだんだんと分かってきて、ハゲチャビンは段々と孤立してきているような気がします。

昔の俺もおしゃべりでトラブルをよく招いていた

20代半ばから30代前半までは、俺も結構おしゃべりになってしまって、トラブルを招いた事が多かったような気がします。

俺もその時は役職にもついていて職場も任されていて、気持ち的に有頂天になっていて余計なこともペラペラと喋ってしまったし、部下に精神的な圧力をかけるパワハラを俺自身はやらかしていた。

その頃は俺の全盛期ではあったのだが、今考えると人間的にはクズだったような気がします。もっと冷静で落ち着いた人間だったら、その仕事は辞めずに続けられたかもしれない。俺はその仕事は最後過労で心身の健康が維持できなくなって辞めてしまったが、それも自分が行いが招いたようなものです。

今の俺

今の俺は極力無口にしている。社会人になる前は超絶の無口で、俺は無口はいかんのでしゃべる努力はしていた。が、今となってはそんな努力は必要なかったと思う。

お口は災のもとです!とくに男のおしゃべりは格好悪い。男は口ではなく背中で語れと言ったところです。

昨日も俺は黙って作業をしていたのですが、女性に大変ですねといきなり話しかけられた。俺は笑顔で一言答えた。

今の俺は無理に喋ろうとはしません。元々口下手な人間が無理に喋ろうとすると、ろくなことを喋らない。

男は無口でも優しければそれでいい。変におしゃべりで気持ちも常に舞い上がってしまって感情的な人は、はたから見ていても危険だなと感じます。

俺は今後の人生も必要最小限のことしか喋らんし、そっちのほうが疲れないし俺らしい。

男は無口! それが一番よ。