2020年底辺中年男がやらなくてはいけないこと【落ちぶれた日本社会で生き抜くには】

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

落ちぶれた日本社会で生き抜くには

街を出歩いていてももはや老人ばかり。これからは生産性がない社会的マナーも欠如している老人がおもっきり増えることになります。今日も外を出歩いていたらマナーのない老人に2人に出会った。こんな老人ばかりの社会では、経済も破綻するだろうというか既にしている。

スポンサーリンク

自分が老害にならないために

俺も何も考えないで生きていたら老害になるだろう。

俺自身老害にならないためにはある程度経済力を持つ事が必要だと感じるし、経済力を持っている老人は老害になる確率は低くなると感じている。

老害になる原因は経済的に余裕がなくなり、精神的に追い詰められることが増え感情がコントロールできなくなっているからだと感じます。

今日も2人の老害を見たが、1人はコンビニで買い物してレジで並んでいた人がいたにも関わらず、それを無視してダイレクトにレジに直行し悪びれる表情も見せずに会計を済ませていた。

もう一人はスーパーのの駐車場で人が多くいるところをクラクション鳴らしながら車で突っ込んできました。運転手を見たらジイさんだった。人のほうが逃げていかなければ人をひきかねない運転をしていた。

おそらく社会的なマナーが欠如している老人はいっぱいいるのだろう。そんな老人はもちろん社会的な補助、いわゆる年金をもらいながら生き延びているだけで、社会に対しての生産性はすでにない。

俺はそんな老害にならないためにも、常に学びの心を持ち自分自身を成長させていく心を持ち続けることは絶対に必要だなと思う。俺の親父も全く学びはしていないが、はたから見たら老害です。台風19号が来たとき避難所での親父の行動は、かなりヤバい行動が多かった。俺は息子として親父と一緒にいることが恥ずかしくなった。

経済的な余裕を作る

おかしな老人になってしまう大きな理由は金欠状態になってしまうことだろう。俺はそうならないために今から対策を練る必要があると感じる。

・複数の収入源を作る(非正規労働・ブログ)
・投資をする(つみたてNISAで投資信託)
・固定費の見直し(スマホ料金・家賃)

キャッシュポイントを複数作ることに関しては、雇用されている部分は今の御時世なら正社員よりも非正規労働者のほうが良いのかなとも感じる。同一労働同一賃金や働き方改革など変な法律ができたので、正社員は給料も下がってくるし、仕事も過酷になっていくだろう。俺はそこまで雇用されて働く仕事に神経は使う気はしない。

ブログで情報を発信して収益を得る。これは今後どんどん成長させていきたいと思う。You Tubeは常に規約が変更され続けられているので、いつ収益化が外されるかわからないという不安がつきまとう。俺はYou Tube活動はやらずにブログのみをやっていきます。

固定費の見直しは、スマホ料金や家賃でかなり下げることができるだろう。近々ひとり暮らしを再開させる予定だが、家賃に関しては3万円以下の物件に現在目をつけている。

お金を増やしていく行動も色んな所から情報収集し学びを必要とするので、そのへんでも老害になりにくいのかなと思う。基本老害は本能で生きていて学びをしない。

日本の会社はオワコンです

若者がいない会社などすでに将来性もなく破綻しているようなものだ。

俺らの世代は低賃金労働者としては重宝されるが、若者が働く場所では不必要な存在です。底辺労働者は底辺労働だけをやっていては人生詰むし、人生詰みだすと世間に八つ当たりをするような老害にしかならない。

人生詰まないようにするためには、今から常に学びの時間を作り、お金を膨らましていく仕組みを作っていく必要があります。俺自身まだ発展途上の状態だが、何もしていない人から見たら勝てる自身はあります。自分で1円を作り出せるか作り出せないかの違いは、ぶっちゃけ天と地の差があります。

1円を作り出せる力があるということは、お金を生む仕組みがわかってきているということです。1円が100円、100円が1,000円、1,000円が10,000円とどんどん月々の収入は増えていくだろう。今の俺の時点は10,000円が?円といったステージにいます。

2020年以降も企業のリストラ、業務縮小、倒産はめちゃくちゃ多いと思います。間違いなくマスコミはやんわりと日本経済を語っているかもしれないが、現実はすでに取り返しのつかないレベルまで来ているはずです。

貧乏人は更に貧乏に、金持ちは更に金持ちになり、更にその状態が進めば治安もかなり悪くなるだろう。その治安を悪くしている実行犯的な人というのは老人中心になる。とくに俺らの世代が老人になった頃はかなり危険だと感じる。

俺は老人になっても冷静でいられる状態を作っていきたいと考えている。間違いなく日本経済は崩れるが、俺はそれに流されるつもりはありません。

    スポンサーリンク

    フォローする