情報発信につきもののアンチ【アンチってなんのためにいるの?】

アンチってなんのためにいるの?

このブログのコメントにも、ちょくちょく俺を煽ってくる人間のコメントが来るのだが、それをすることによって何の意味があるのかが理解ができない。俺的には他人がどうのこうのと考える時間が無駄になるし、いちいち承認もされないコメントを書き続ける時間がもったいないと感じる。

スポンサーリンク

過去に掲示板や知恵袋で誹謗中傷されていた

最近は5ちゃんねるや知恵袋を見ることはなくなった。なので今もどっかで誹謗中傷されている書き込みがあるのかもしれないが、いちいちググって検索する時間がもったいないのでどうでも良いと感じている。

検索しなければ発見できないくらいの場所で、匿名で必死に他人を誹謗中傷している人間なんて、今の俺からすればどうでも良い人間です。

昔は結構ネット上で悪口を書かれると俺も感情的になったが、今は逆に炎上してくれたほうがブログ収入もアップするので、自分のことで賑やかになってくれたほうが良いと思っているが、なかなか炎上も最近はない。昔Yahoo!ブログをやっていたとき一時期すごい炎上した時があったが、あのとき収益化をしていたら良かったのになとも思う。

アンチは自動宣伝ツールに過ぎない

どんなにネット上でブロガーの誹謗中傷したところで、ブログで収益を得ている人間からすれば、自分のブログの話題を出してくれてありがとうといったところだろう。おそらくマリモン大先生もそんな感じだと思う。

マリモン大先生はダメ人間日記ブロガーとしてはトップクラスで、ネット上でもかなりネタにされているようだが、ネット上に良いこと書かれようが悪いこと書かれようがそれがブログの宣伝となってしまって、結果的に収益に結びついてしまう。

ネット上でどんなに必死にアンチ的な書き込みをしたところで、叩かれている人間が収益化の仕組みを作っている場合はダメージを与えるどころか、収益を膨らましてしまう結果になる。

ダメ人間と自ら名乗る

ダメ人間と自ら名乗っている奴は、ダメ人間として誰かにネタにされたい願望はあるだろう。ネタにされることで注目を浴び収益を得ていく。

俺のこのブログもダメ人間日記ブログとしてやっているが、これが単純におっさん日記ブログとしてやっていたら、全然面白みもないブログに見えるし話題にもされないだろう。

ダメ人間日記ブログというジャンルを見つけ、今は底辺人間のダメな部分を堂々と晒した記事が書けている。ダメ人間日記ブログの読みどころは、貧乏くさくダメな生き方が見ることができる部分だと思う。

他人の不幸は蜜の味というが、そういった底辺の部分を見たがる人間も多い。そしてアンチになった人間も所詮ダメ人間日記ブロガーに釣られた魚に過ぎず、ダメ人間日記ブロガーの収益増収に何気に貢献してしまっている。

ダメ人間、貧乏、底辺、無職という言葉はネット上で人を集める非常に良い餌になります。なんのスキルが無くとも人がブログに集まってくる。逆にスキルが無いほうが面白がって人がブログにやってくる。

バカが売り物になる時代って素晴らしいと思うわ〜。このブログも結構人が来ているのだが、なんで人が来ているのかが俺はわからない・・・。おそらく俺が馬鹿だからでしょ!w

    コメント

    1. 諦めない中年 より:

      こんばんは。諦めない中年だょ。…ハァ~、また明日から仕事かぁ!…明日からの2週間=若手社員の顔色を窺いながら~気を使う業務、となるのでしょう。…最近の俺は~いつまで、今の仕事を続けるのか?=そればっか、考えている。…再び、先物取引=一本化して~己の人生に挑みたい!…一方で、今の仕事を辞めた場合~同様の(時給+職場環境) =揃う仕事は…今後、見つからない可能性、大!?…上記の(両天秤)の想いを廻らせつつ、また今週もがんばろう!