オルタネーターの故障【俺の車がぶっ壊れました】

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

俺の車がぶっ壊れました

度々俺の車はエンジンルームから異音がしていて、今朝はそれがかなり酷かった。勤務先の駐車場でエンジンルームを開けてみても、素人の俺には全くわからない。エンジンをかけたり消したりしたところ、エンジンがかかりにくい現象を見つけた。そして俺はこれはただごとではないと察し、すぐにJAFを呼びました。

スポンサーリンク

オルタネーターの故障

異音の原因はオルタネーターというエンジンルーム内になる小型の発電機でした。

エンジンの回転がオルタネーターに伝わり発電し、バッテリーに電気が送られます。今朝エンジンが掛かりにくかったのもバッテリーが十分に充填されない状況だったので発生しました。

オルタネーターの老朽化ににより、回転がスムーズにできなくなって異音を放っていたのだろう。

高い金属音っぽい音が鳴ります。文字で表現するなら「ウヒョ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!」って感じの音が鳴る。

仕事を抜けてディーラーに行く

JAFの人がすぐに修理に出さないとダメだと言ったので、俺は仕事を抜けてディーラーに行くことにしました。かろうじてエンジンがかかったので、その状態で成田のディーラーまで行きました。後ろにJAFの車が追尾し、いつ車が止まっても対応できる状態でディーラーまで行った。

俺はJAFの会員であると同時にHonda Total Careの会員でもあったのでJAFに関わる料金は発生しなかった。

修理料金の見積もりを聞いてガックリくる

修理が終わるのが今度の金曜日なのだが、修理料金はなんと105,000円です。オルタネーターとバッテリーを交換します。

車はエンジンさえ生きてれば、他の故障は部品を交換すれば乗り続けることはできる。今回もオルタネーターの故障だったので、それを修理すればまた数年間乗れるだろう。

今所有している車は修理しながらでもとことん乗っていこうと思う。おそらく中古車を買ってもどこかしら不具合があるかもしれないので、今の車を乗るのをやめて中古車を買ったところで、修理しながら乗ることになる。それなら今の車をもう少し乗り続けていたほうが安上がりだろうと思う。

105,000円は今の俺にとって大きな金額だが、105,000円ではまともな中古車は買えません。修理してでも今の車を乗り続けていったほうが利口だと思う。

ポンコツ車は必ず故障箇所があるので、もし中古車を買うとなると、やはり修理しなければならない箇所というのは購入から時間が経たなくとも出てくるのかなとも考えてしまう。車を買うならやはり新車が良いのかな・・・?

新車なら10年は余裕に乗れるが中古車ってはそうはいかないような気がする。次車を買うとしたら中古車買うくらいなら新車のミラ・イース買ったほうが良いのかな〜?

新車のミラ・イース100万円、中古のゼスト50万円。どっちがお得かな?

    スポンサーリンク

    フォローする