睡眠時間が増やせない【貧乏暇なしから脱却できん】

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

社会人になってから平日は睡眠時間というは5時間以上なかなか取れません。それは俺に限ったことではないだろう。

ただ底辺労働者に落ちてからは、かなり心身に負担がかかるようになってきました。いわゆる貧乏暇なし状態。

毎日金欠状態になり、仕事も単純肉体労働を隙間なくやらされる。肉体の使う量としては、社会人になる前よりも確実に使っている。老化した体で会社に道具のように使われながら、重い荷物を扱うわけです。

それだけ体を使って疲労が溜まっているのだから、よく睡眠を取らなければならないのだが、底辺派遣社員といえどフルタイム勤務。そして派遣社員どんどん使わなくては損ってのが勤務先の考えがあるので、毎日フラフラになりながらやっているが、次から次へと体を酷使するような仕事がくる。

俺の今の考えでは、そんな底辺派遣労働も週3日〜4日に抑えたいと考えている。週5日でフルタイムで働くのは今が限界です。毎日筋肉痛だし、よくわからん痛みも慢性的に続いている。

今の派遣労働に依存するのはかなり危険で、この働き方は単純に命を削る働き方です。早急に働き方を変えていかなければならない。

    スポンサーリンク

    フォローする

    スポンサーリンク