現実を受け入れない労働者【働き方改革と同一労働同一賃金】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

非正規労働者でもこの期に及んで真面目に働いていれば幸せになれると信じている人間がいるわけですよ。

残業も多くやれば自分は頑張っていると勘違いし、それを周囲にアピールしてくる人間もいます。俺は現時点ではそれは違うと感じ、パッパパッパと仕事を片付け残業も最長で1日1時間までとして業務をこなしている。

残業をダラダラやる人間に限って生産性は低いものです。

今後働き方改革や同一労働同一賃金の影響を企業はもろに受けるのだが、そういった制度は労働者のためを思った政策ではない。単純に企業に妙なルールを押し付けて、働きやすい環境少しでも作り労働者を増やし、労働者から税金を巻き上げる手段の1つでしかない。結論から言えば税金を集めるための手段。

が、企業はまともにそんなルールを受け入れるわけないだろう。間違いなく正社員の待遇は下がっていくし、そうなれば非正規労働者の存在価値はなくなる。派遣社員は派遣先が支払っている賃金が割高なので、切り捨てられる可能性は大きくなるだろう。

中途半端な給料しかもらえない正社員だらけの、まとまりのない組織になってしまう会社が増えていくこと間違いない。正社員が派遣社員と変わらない給料だったらやってられんだろ。同一労働同一賃金は正社員のモチベーションを破壊するにはもってこいの政策だと思う。正社員でない俺からすれば面白いものが見れそうでワクワクしている。

こんな時代になろうとしているのに、まだ会社に雇用されて働いていれば努力が報われると思っている人間がいる。エリートサラリーマンならまだ良いが、底辺非正規労働者が未だにそんな状態ならば、絶対に考え方を変えたほうが良い。企業からすれば、お前らは使い捨ての道具に過ぎないとしか思ってないから〜!

安倍総理はこの期に及んで景気は緩やかに回復していると言っています。そんなアホなといった感じだが、日本は完全に病んでいる。しかし俺はそんな病んだ日本を見ることができるというのは、なんとなく面白そうだなと感じました。

オラ、ワクワクすっぞ〜! って感じ〜。

    スポンサーリンク

    フォローする

    スポンサーリンク