アフィリエイトは詐欺

よーーーーーーく考えてみると、アフィリエイトってやり方によっては詐欺だよな。

どういうことかと言えば、一般の人が自分が購入もしていない商品を、適当な記事を書いて売ろうとすこともあるが、それはどうなんだろうかと考え始めている。もちろん自分がその商品を購入した上で、記事を書いて紹介する分には全然良いだろう。

広告会社がメーカーと契約してネットやチラシで広告を出す分には問題ないが、一般人が適当な案件を見つけ、自分は購入することもせず、適当な記事を書いて売りつけるということは詐欺に近いところはあるだろう。俺の思考からすると、自分でその商品を買って、そして感じたことを記事にしていくことが正しいと感じる。逆にそれくらいしなければ、広告を見て買ってくれる人はいないだろう。

俺的には、特定の商品に絞るのではなく、ここでセールをやってますよ〜!的な広告だったら、自分が購入しなくても良いと感じる。セールの広告から入って、お客さんの意思で商品を選んで買っていく。自分が買ってもない特定の商品のここが良い、ここが悪いなんてことはわからないし、そんな状態では普通は商品紹介なんてものはできないし、やってはいけないだろう。

たぶん俺がアフィリエイトをするとしても、ここでセールをやってますよ〜的な広告を貼るまでしかやらないだろう。買う商品はお客さんに選ばせたほうが良いし、特定の商品の記事を書いてもなんか押し売りっぽくなってしまい、俺がブログの訪問者だったらすぐに離脱するだろう。商品を買わせよう感見え見えだと、ブログから即離脱する人が多くなるだけだと思う。自然に訪問者に広告をクリックさせる感じで良いと感じる。そこでいきなり大きな報酬を求めることも駄目だろうね。自然がいい〜。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク