リストラされる中高年たち【犯罪と自殺】

犯罪と自殺

今年もリストラされる中高年が増えると思うが、ぶっちゃけリストラされた中高年がまともに働ける職場なんてものはない。

プライドを捨てて、若い上司の下で底辺労働ができるのであれば仕事にありつけるのだが、たいがいリストラされた中高年はプライドがあるので、底辺労働の現場で働くのは難しい。

底辺労働の現場の若い上司というのは、一つの仕事に関してはスピードは早いのだが、人間的にはアホな奴が多い。部下の中高年のプライドをへし折るような行為を好む若造もいるわけです。俺自身も50代60代になって、20代30代の上司の下で働けるかといったら無理です。40代で限界です。

リストラされるということは無能だからリストラされるわけで、リストラされた人間は自分がなんでリストラされたのかも自覚せず、他者のせいにし自分を正当化するだろう。もしリストラされたのならば、自分は無能だからリストラされたことを認識し、そして社会の底辺にいる無職だということを自覚しプライドを捨てることが重要だろう。

これができないと行き場を失った中高年は犯罪や自殺をやらかしてしまう。自分を受け入れてくれる場所がなければそうなるしかない。リストラされる人間は、自分の力でお金を作る発想もないだろう。

リストラされる人間なんてものは、社会のゴミくず以下です。次の就活で面接時リストラされたことを言っても、採用する方は無能だからリストラされたんだろうとしか見ない。

リストラされた中高年は自分がゴミくず以下だということを理解し、まずは底辺労働してそれをやりながら自らお金を作る手段を作っていくのが良いのかなと思う。リストラ中高年がまたまともなサラリーマンになんて120%なれない。

    スポンサーリンク

    フォローする

    スポンサーリンク

    コメント

    1. 諦めない中年 より:

      こんにちは。諦めない中年だょ。…現在、先物取引=ポジション、継続中の為~不定期コメント、となる。…リストラ中高年の方々へ一言。…一刻も早く?~自分に適した=働く以外の(収入源)…スキルを身につけましょう!