母ちゃんの癌の検査【病気とは上手に付き合うしかない】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

10日ほど前に母ちゃんの癌の術後の検査がありました。その結果が明日出るらしく、母ちゃんは病院へ行ってきます。

どんな結果が出ようと、冷静に現実を受け入れるつもりではいます。

癌なんてものは、誰もが50%の確率でなるもので、母ちゃんの心配をしているうちに自分も癌になるかもしれない。

最近思うことは、癌というものは病気ではなく寿命なのかなと感じている。人なんて事故以外で死ぬときはだいたい病気で死にます。そして癌の割合もかなり多い。たとえ健康で老衰で死んだとしても、いざ解剖してみると癌があったという話もあります。

多分俺も最後は癌で死ぬ可能性がデカいと思う。俺の両親の一族も癌系統です。癌で死んでいる親戚が多い。

もし自分が癌になってしまったら、癌とうまく付き合いながら生きていける人生を作れたらなと思っている。そんなときブログはかなり有効だと思う。ブログで毎日のことを書いて、ちょっとばかりの生活費でも稼ぐこともできるだろう。癌にまでなって、今の派遣の仕事のような肉体労働は絶対にできない。

母ちゃんには長生きはしてもらいたいのだが、もうそれを望む歳でもない。母ちゃんの寿命は神様が決めてることなので、俺が必死に生きろ生きろ言ってもしょうがないだろう。寂しくなるがそれが生き物の定めなんだよね〜。母ちゃんもいつか死ぬが俺もいつか死んでしまう。俺はおそらく孤独死になると思う。弟は今の時点でいろいろ病気抱えてしまっているので、俺よりも先に死にそうな予感はする。

弟なんて見た感じからして体が限界に来てるなってのがわかるが、仕事もヤケクソになって体を壊しながら残業も滅茶苦茶やって、年収500万稼いでいるそうだ。しかしいろんな病気の症状が出てて、かなり命を縮めている。度々救急で病院に行くことを年に何回もしてます。

親父は50代から食っちゃ寝の引きこもりなので、体を壊す要因がないので長生きすると思うが、この先俺は親父を放置すると思う。親父に常に圧力をかけられているので、介護する気にもならない。親父は母ちゃんと俺がいなくなれば、お金の管理もできないので生きていけないだろう。

母ちゃんがもし先に死んで、親父と俺が実家で二人っきりで生活するのが嫌だから、一人暮らししたいってのもある。母ちゃんも親父と俺が二人で実家で暮らすのは無理だと言っている。なので母ちゃんも俺に実家を出たほうが良いと勧めている。

しかし収入が少ないので、物件探しが難しい状況になっている。

とにかく明日の母ちゃんの検査結果が問題ないことを祈るのみです。

    スポンサーリンク

    フォローする

    スポンサーリンク