新社会人の夢を見た【今の働き方はやはり奴隷だよ】

今の働き方はやはり奴隷だよ

夜寝ているときに社会人になったばかりに働いた職場の夢を見た。

俺が社会人になって初めて就いた仕事は、電子部品の製造でした。結構今考えると難しい仕事もしていて、プログラムを作ったりもした。

その会社で6年以上働いたのだが、経営悪化でリストラを喰らい、そしてその勤務先の工場も俺が辞めて3ヶ月後ぐらいに閉鎖になった。

あの頃の俺は将来に希望をいっぱい持っていた。前向きで明るい気持ちで会社の仕事をしていた。今のように生活のために仕方なく出勤する感じではなかった。

今は派遣の仕事をしているが、派遣の仕事で希望なんて持つことはまず無理。強いて言えば今は希望が持てることといったらブログや投資といった、会社で働くよりも自分でお金を作っていくことに希望を持っている。しかしそう簡単な話でもない。

個人が会社に頼らずお金と作ることって、1円でもかなり難しいことです。1円も自分だけの力でお金を作ったことがない人に、いきなり自分の力だけで1円作ってと言っても、少なく見ても2ヶ月か3ヶ月はかかるだろう。

なので今の俺の希望はかなり厳しい現実向き合った希望で、可能性がかなり低いものに希望を持っている。

世の中は俺が24歳くらいの時から変わってきて、労働者が奴隷化してきた。働いても働いても給料が増えていかないし、生活苦になってしまう。今となっては会社で働くことに希望は1ミリも持っていない。

今はブログや投資を頑張るしかないのかな・・・。

    スポンサーリンク

    フォローする

    スポンサーリンク