派遣会社の担当にコロナの件で意思を伝える【危ない場所にはいる気はない】

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

危ない場所にはいる気はない

コロナの件での今後の俺の対応を、派遣会社の担当に話しました。やっぱり、危ないと思っている環境で無理して働く気持ちはありません。黙って言いなりになって働いていては、間違いなく感染は免れないし、下手をすれば俺か親が死ぬ可能性だってある。

コロナの毒性も変異するらしく、3パターンあり強いパターンのコロナウイルスは、若年層でも重症化させるという。俺はもう若いという歳でもないので、そんなウイルスに感染してしまったらひとたまりもない。

自分の命は自分で守ることは、誰になんと言われようが自分の考えで行動していったほうがいい。自分がこの状況が危ないと思ったらそこから避ける。派遣の担当も現場の状況なんてものは全くわからない。

俺は周りの人間の体調がおかしくなりだしたら、俺も逃げるようにして出勤は控えます。俺の予想では一斉に症状が出るんだろうなとは思っている。今日の仕事中一人、怪しい顔色をしていた人がいた。現時点で熱が出たということで一人休んでいるが、次はその人あたりが休みに入るのかなと思う。そんなこんなしているうちに、他の人間も次から次へと症状が出てくるだろう。

俺もここ数日、呼吸が苦しくなっている。俺は喘息なのだが、喘息の発作ほど苦しくなないが、若干呼吸するときに空気の通りが悪い。俺ももしかすると軽く発症しているかもしれない。

俺は半年以上前から、R1ヨーグルトを飲んで、免疫力を高めることをしているので、軽症で抑えられいる可能性もある。

今現場で働いている人は、職場の状況が怪しくなったら、会社に行ってはいけないと思う。会社の上司が対策を口走る頃にはすでにウイルスは蔓延し、自分も完全に感染した後になってしまう。感染した後に対策をしてもすでに手遅れです。意味がない。

なので俺は周囲の状況を見極めて、ヤバいと思ったら出勤はしません。お金よりも命のほうが大事です。金なんてものは後でなんとでもなる。命はなくなったら戻ってきません。

これから日本の会社は倒産祭りになると思うし、日本経済はもう復活できないでしょう。国の支援も無に等しい。企業に200万のお金を渡すだの国が言っているが、企業に200万渡したところで、焼けた鉄板に水を一滴垂らしたに過ぎないだろう。すぐに蒸発してなくなる。

俺が今いる勤務先も、感染者が出て一旦業務停止が出れば、大打撃を食らって経営も傾くかもしれない。ただし、人類が滅ぶか滅ばないかという視点から見れば小さなことです。とにかく今は生き残ることを第一優先させて方がいいのかなと思う。売上が上がらないとか下がったとかいう話は、ものすごい次元の低い話で、そんなものは後々なんとかすればいい。

俺はなんとしても俺や親が死なないまま、この状況を乗り切れたらいいなと思っている。ま〜、母ちゃんに死なれると辛いが、親父が死んだとしてもそれほど悲しくはない。親父と俺の関係はそんな状況なのでw 母ちゃんと俺は絶対に生き残らないといけない。

    スポンサーリンク

    フォローする

    スポンサーリンク