仕事を休んだが収入は減らない【底辺肉体労働も副業で補う】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

底辺肉体労働も副業で補う

今日は仕事を休みました。最近は足腰に激痛が走るようになり、今朝は立ち上がることもできなくなり休みを取りました。中年になると肉体労働もかなり辛くなってきます。この仕事を続ける限り、この痛みからは逃れられません。一種の職業病です。

堅物に痛みを堪えて出勤する人もいるだろうが、俺はこんにゃくレベルのプヨプヨ人間なので堂々と仕事を休みます。無理しても後々そのツケが来るのはわかっているし、所詮派遣社員。そこまで仕事に命を捧げる必要なし!

ただし俺のような考えで仕事をしていれば、休んだ分は給料が入ってこないわけです。しかし今月はネット収入が2万円ちょっと入ってきました。なので、2日分の派遣の仕事の日給以上分をネットでゲットしている。Google AdSense、楽天アフィリエイト、Amazonアソシエイトから発生した収入です。

なので副業をしていれば、ちょっと体が調子が悪いなと思ったら、お金のことを考えずあっさりと休もうと決断できる。あっさりと休みを取れるようにしておかないと、無理して肉体労働を休みを取らずに続けようとしても、体を壊す時期が早まるだけになります。

物流業務は足腰に負担がかかり、筋肉は異常につき、はたから見たら健康的に見えるかもしれないが、実際は体を壊す紙一重の状態で、下手をすれば仕事が続行できない状態にまで体を壊します。俺も物流業務もいくつかの会社でやっているのだが、腰を2回、膝を2回痛めている。が、若かったから今までは回復したが、今は痛めるのはヤバい。

今朝はすでに立ち上がることができなかったので、朝起きた瞬間「仕事行くのやーめた!」って感じになった。そして今朝も楽天アフィリエイトの報酬が入っていたので、気分良く休養を取れるなと思った。職場の仕事に関しては、俺は深くは考えてない。所詮俺は職場では道具のレベルなので、いなきゃいないでどうにでもなるだろう。

働きたくないときには働かない。副業を持つとそれができる。もっと副業で稼げるようにしたいと思っています。

    スポンサーリンク

    フォローする

    スポンサーリンク