仕事中に腰を痛める【身動きできない激痛】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

身動きできない激痛

昨日、仕事中に腰を痛めてしまい、それ以降腰に激痛が走り身動きが困難になってしまった。今の仕事も残り1ヶ月、この時期で腰を痛めることはしたくはなかった。次の就活や仕事で支障が出てしまう。

スポンサーリンク

今日は休養を取る

今の状況で肉体労働なんてできないので、今日は休養を取り仕事を休みました。無理をして腰を悪化させてしまえば、今後それがかなりの弊害になってしまう。早急に腰は治していきたいと思っている。

休養といっても腰が痛くて動けないというだけで、目と手は使えるのでインターネットでの収益アップをするための仕組みの見直しや、書籍を読んで勉強でもしようと思う。

腰を痛めたところで周囲からは批判しかない

派遣会社の担当にも今日休むことをメールで伝えたが、俺が腰を痛めて困っていてもそんなことは関係がない。あまり仕事を休むような事態になれば、またクビになるだろう。あくまでも派遣会社は派遣先側の立場です。

派遣先の職場の周囲の人間も、俺に対し所詮おっさんは体力がないからそうなるんだとしか思わないだろうし、俺がいなければ仕事に穴が空くので、周囲の人間は不満を持ちながらその穴を塞ぐだろう。

所詮、派遣労働者なんてものは心配してくれる人なんで誰ひとりいません。

明日は出勤するつもり

腰の痛みが和らげば、明日は出勤するつもりではいる。こういう休み方をすると、今の派遣会社速攻クビにしてきます。そうなると次の仕事を探す時、契約満了で仕事が終わったと言い切れなくなる。腰痛めてクビにされたなんてこになったら、次の就活でかなり面倒な言い訳を作らなくてはいけない。

あと1ヶ月ちょっと、なんとか体を持たせてやって、単純に契約満了という形で今の仕事を終わりにしたいと思っている。

派遣の仕事で契約満了という理由で、就活時の面接時に話をすすめていけば、面接官からそれ以上のことはほぼ追求されません。数々の面接を俺はやってきたが、そんな感じでした。今回もその技を使いたいと思っている。

    スポンサーリンク

    フォローする