苦痛しか感じられない仕事は辞めたほうが良い【無駄な人生は送らない】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

無駄な人生は送らない

苦痛しか感じられない仕事ってのは、今すぐに辞めたほうが良いのかなと俺は思っている。完全に無駄な時間を作っているだけになってます。その苦痛を乗り越えて、明るい未来が待ち構えているのならば、苦痛を感じても続けるべきなのだが、大抵の人はそんな状況ではない。

俺も今の仕事は今月末で終わりになるが、今の職場では苦痛しか感じられないし、そこで目標を持って働くこともできませんでした。入社当初から正社員の道具として働いてきたが、今もその状況は全く変わりませんでした。

今のこの苦痛を乗り越えても、将来は暗い。というか、乗り越えられる苦痛ではなく、その職場で働く場合は永遠に続く苦痛にしかなりません。世の中の人で今の苦痛を乗り越えれば将来明るくなると信じている人もいるが、何の根拠もないしその人自身どんな方向に向かっているのかも定まっていないのに、将来が明るくなることなんでまずない。

派遣社員として派遣先、派遣会社の言いなりになっているだけでは、天地がひっくり返っても将来なんて明るくなりません。やはり職場や仕事に疑問を感じたら、とっとと辞めて新しい人生を見つけていくのが良いのかなと思う。

辛い仕事を単純に苦しみながら続けていても、あっという間に10年が経過してしまい、問題はその10年でどんな人間に成長できたかってのが重要です。10年前の自分と同じって状態なら、時間を捨ててしまったなといった感じだろう。

俺も転職は多いが、人間的にはかなり成長はしていけてるのかなと感じます。昔はよく感情的になったが、今は感情的になることもほぼなくなった。物事冷静に見て行動できるようになっている。仕事か毎日辛く他人に鬱憤ばらしをする人はかなり多いのだが、それは最低の行為。

仕事をしていてネガティブな思考しか持てなくなったら、その仕事をとっとと辞めて、新たな人生を築いていくことをしたほうが、絶対に将来のためになる。嫌な仕事をダラダラと続けていっても、時間の無駄にしかなりません。俺はそういう考えがあるから、コロコロ転職してます。

よく職場で今は踏ん張りどきたという空気になることがあるが、踏ん張り時も3ヶ月以上続いたらブラック労働ですよ。将来良くなる根拠があって踏ん張り時になっているなら良いが、大体の会社は、何一つ根拠もないのに踏ん張りどきだといって、従業員に無理な労働をさせている。

苦痛は成長につながるどころか我慢し続ければ病気にもなる。そういう仕事をやっている場合は、とっとと辞めてしまったほうが良い。

    スポンサーリンク