足腰の激痛が治らない【このままだと次の仕事に影響してしまう】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

このままだと次の仕事に影響してしまう

この期に及んで足腰の激痛は全く治っていません。とくに右足の裏なんて、刃物で刺されたような痛みがずっと続き、常に歩き方がおかしくなっている状態です。昨夜も寝る前に痛み止めを塗ってから寝たが、焼け石に水状態であまり効果がない。

今の仕事も拷問に近いレベルで、体に負担をかけながら業務をこなします。それを体が痛いからできませんってわけにもいかない。俺がついていたポジションはそんな感じだったが、誰かしらそのポジションをやらなければ業務全体が回っていかない。今は俺ではなく俺が入社したあとに入ってきた、40代の生意気な派遣社員がそのポジションについてる。やっぱり辛そうな顔になってきてる。中年の派遣社員はなぜかそこに回されます。

どんな仕事でも楽なポジションとキツいポジションがあって、中年男は肉体的に厳しいポジションに回されがちです。逆に女は女ってだけで、肉体労働もないポジションに回されることが殆どです。そういうのは底辺労働現場に非常に多い。おそらく派遣社員なんてものは道具に過ぎないので、派遣社員が苦しんでようが全く関係がない。逆にそれを気にしてしまうと正社員の仕事も増えてしまう。派遣社員が壊れれば、また新しい派遣社員に取り替えるだけと、派遣先側も考えてる。

今俺は所属している以外の派遣会社とやり取りもしているが、やり取りしながら思うことは、どの派遣の仕事を選んだとしても、今と同じよなことを繰り返すんだろうなと感じている。それも次は時給がかなり低い状態でその状態になるかもしれない。今は派遣の仕事の時給も滅茶苦茶下がってます。というか、そういう求人しか派遣会社が俺に振ってきていないのかもしれないけど。

足がおかしくなってびっこひいて歩いているようじゃ、今の仕事なんて続けるわけにはいかない。いちいち派遣先でも派遣会社にも俺は痛いとかほざいていないが、ほざいたとしてもただのあまえとしか捉えてくれないのはわかっている。

派遣会社も体が調子が悪いと言っても、本心から心配なんてしてくれません。口だけです。そして働けない状態になれば、すぐにクビにされます。とくに精神病は派遣会社は嫌いますね。肉体的なものは、仕事に支障が出始めてきた時点でクビの道をたどっていきますね。

派遣社員は自分の身は自分で守るしかないっす!誰も助けてくれん。

    スポンサーリンク