退職まであと2日【最後まで正社員の対応が冷たい】

最後まで正社員の対応が冷たい

残すところ今の仕事も月曜日と火曜日を出勤して終わりになります。ホントに俺は退職という選択をして良かったと思っている。俺も自発的には周囲に自分が辞めることを言ってはいない。というか、今は俺は職場内で筋金入りの嫌われ者になっているからだ。究極のぼっちです。辞めるときはリーダーに軽く挨拶して逃げるように職場を立ち去ります。

最近職場の社員の俺に対する対応も冷酷になってます。おそらく自分の支配下から俺が出ていくということが腹立たしいのだろう。妙な圧力をかけてきます。社員も俺よりも10歳くらい若いのだが、その仕事がすべてなっているので、俺がその仕事から離れていく行為がそこの社員の侮辱に値し、冷酷な態度をとってくるのかもしれない。

俺もいつも低姿勢でいたが、社員の労働者と物の区別がつかなくなっている思考が俺は気に入らなかった。社員は労働者を人とは見てません。若いうちからそんな思考なので、下で働く人間はかなり厳しい。

人があっての労働力ということを忘れている職場は、労働力を粗末に扱う傾向があり、そういう場所で一生懸命働いたところで、自分自身にプラスになることは一切ありません。人生を向上させたいのならば、目標を持って行動をしていったほうが良い。

若い社員に見下されこき使われ馬鹿にされ、最後まで腹の立つ職場であった。しかし、俺は常に低姿勢で穏やかに対応していた。昔の俺ならブチギレていたかもしれないが、俺的にはそういった精神は、ここで成長できたかもしれません。

今回は足と腰がもうぶっ壊れていたので、仕事は辞めることを選んだが、体がぶっ壊れてなかったら仕事を続けたかもしれない。というか、こういう職場だから体がぶっ壊れたのかもしれないけど。

今の職場の社員は見栄とプライドが高すぎて、下で働く人間を馬鹿にしすぎている。俺の30代前半の全盛期の時、管理職になっていた時期もあったが、その時の俺の精神状態よりも酷いんじゃないかなと思う。少なくても俺が30代の時、下で働く人に大して指示を出すときも敬語を使っていた。そして相手の事をもっと考えて、自分を犠牲にしてでも協力をしていた。

最近の若者は精神的に不安定で、自分のことしか見えていない。人を従える器がそもそもない。そんな人間の下に、一生懸命働く人間など定着することはない。

昨日の社員の言動や行動を見て、ホントに退職の道を選んでよかったと思った。契約更新してまた3ヶ月働くなんて無理です。うつ病にもなるし、体も取り返しのつかないくらいぶっ壊れます。

まー、こういう会社もあるんだなということで、多少は勉強はできたと思う。人生の経験としてはマイナスにはなっていません。プラスになっているかといえば疑問だが、人生とはそんなものです。よくわからない人生でも経験は増やしたほうが良い。