7ヶ月間の派遣の仕事で心が病んでいた【他人と喋れるようになった】

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

他人と喋れるようになった

俺は7ヶ月間派遣の仕事やっていたが、どうやら俺は精神的に病んでいたようだ。派遣の仕事をしている7ヶ月間は、上から目線の正社員の下で、自分の意見すら言えずにヘコヘコしながら言いなりになって業務をこなしていた。そのおかげで自分の意思を伝える行為が全く無かったので、段々と喋ることができなくなっていた。

その喋れない状況というのは仕事以外の場面でも出ていて、お店で何かを買うにしても全然喋れなくなっていた。その時の気持ちは、なんか頭の中に重いものが常にあって、自発的に言葉が出なくなっていた。おそらくうつ病とかそういった部類の病気に近かったんだろうと思う。

今日は仕事から開放されて、頭の中にあった重いものがなくなって、普通に言葉が出るようになってきた。今日は市役所やカーショップに行ってきたのだが、自分自身が人と愛想良く喋れていることに気づき、俺喋れてるじゃんと驚き少し自信がついた。

やっぱり人として使われない状態で仕事をやり続けてしまうと、精神疾患に絶対になるなと確信した。ホントに我慢も程々にしていかないと、人間がぶっ壊れて廃人になります。人が人に媚びる必要ってはないと思うのだが、現実社会は確実に身分制度ってのがあって、底辺は常に理不尽な扱いをされてしまう。

あまりそんな状況を我慢してしまえば、取り返しのつかない状況になるので、その仕組から1回飛び出て、もう一度人生を考え直す時間を作ったほうが良いと思った。7ヶ月間ホントに体も心も不調だった。何故か今は急に体が軽くなったし、気分が前向きになれている。

しかしまた派遣の仕事をやり始めれば、この前向きな気分も潰されるんだろうな〜。今日も求人検索は1回もしていません。求人を見るのが怖いというか嫌になっている。明日っからは仕事を探すつもりではいるが・・・。

今日はゆっくりと休みますわ〜。

    スポンサーリンク