夜勤はやはり心も体も病むのかな【冷静に考えて夜勤は続かないと思った】

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

冷静に考えて夜勤は続かないと思った

昨日は二交替のシフト勤務もやろうかと考えていたが、一晩寝て考え直しました。若い頃は夜勤はできたかもしれないが、今は体力的にもその働き方は厳しいだろう。自律神経もやられ、心も体も病んでいくってのが今の時点でわかる。

日勤でやれることを探していったほうが、人生が悪い方向に進まないような気がしてきた。派遣の夜勤なんて最悪のパターンで、もっと俺も行き詰まってからその道を選択したほうが良いと思った。今の時点で最初から夜勤のある派遣の仕事を選択するのはちょっと違うなと感じる。

夜勤の出勤のときのあの憂鬱感は半端ない。空が暗くなり始める頃に出勤します。それも昼間も夜間に寝るように快眠はできません。どうしても昼間は用事もあるし空が明るいので睡眠不足にもなる。

夜勤のある派遣の仕事をとりあえず選択枠からはずすとなると、また選べる求人が減ります。とりあえず日勤でやれる仕事を選択し、業種をの枠を広げて仕事を探していこうと思う。今の時点でいきなり夜勤のある派遣の仕事を選択するのは違うし、もっと考えたほうが良い。

とにかく体が持つ仕事じゃないとまたすぐに辞めてしまう。40代半ば過ぎた中年には派遣の夜勤は少々厳しい。といっても、なかなか自分が思っているような仕事はありません。今日で無職3日目。今はまだ3日目だが、あっという間に1ヶ月、2ヶ月と時間が過ぎ去っていくのかなと思う。

前職の派遣の仕事を辞めたことに関しては後悔はない。7ヶ月間かなり心身ともに追い詰められていたのは確かなので、辞めて正解だった。しかしながら今はなかなか先が見通せない。不安というか絶望感しかないのだが、この絶望を乗り切る方法を今は冷静に考えている。とりあえず今日もハロワーに行ってきます。何が何でも今日は求人に応募してきます。

    スポンサーリンク