派遣の求人にまたもや応募【どん底生活から抜け出したいね〜】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どん底生活から抜け出したいね〜

8日の水曜日に製造の派遣の仕事の面接をしたのだが、その話が進まなかったときの滑り止めとして、今また派遣の製造の仕事の求人に応募しました。おそらく滑り止めを作っておかないと、先日面接をした仕事もなんとなく話が進まなそうな感じはしたので、念の為滑り止めを作っておいた。

これからは常に滑り止めを1つ作る感じで求人に応募していきます。あまり多く応募しすぎても、一気に何個も採用されたら迷走するし、そこで辞退した仕事に関しては後々応募できなくなってしまいます。応募するのもせいぜい2つで留めといたほうが良い。

早く母ちゃんをホッとさせてあげたい。給料が安かろうが働く場所があれば、母ちゃんはとりあえずはホッとできるだろう。俺も今更高給取りになろうとも思わないし、現実的になれない。給料が少ない分は自分でネットで稼ぐ。これが俺の理想です。

派遣の仕事で心身すり減らして、毎日鬱になりながら出勤している人がいるのならば、それはすぐに退職したほうが良いです。俺もいろいろな派遣の仕事をしてきたが、我慢していると心も体もマジに病気になります。多少無職の期間が長引きそうでも、その仕事は辞めたほうが良い。そしてその無職の期間で自分の人生を見つめ直す。そのほうが絶対に人生いい方向に動き出します。派遣の仕事で精神病んでうつ病になっても、誰も助けてくれません。俺も過去に精神科行った途端派遣会社からいきなりクビにされたが、現実はそんなものです。

俺は45歳で色んな仕事を転々として今無職になっているが、今となっては後悔はない。6月までやっていた仕事をずっとやれって方が、地獄の人生だった。ホントに辛かった。職場の正社員のツラを思いだずと、気持ちが暗くなります。ホントに俺を人としては見ていない目つきだった。

世の中って妙な身分の格差があって、おかしな方向に絶対に進んではいる。しかし底辺の人間はその流れにあまり乗らないほうが良い。乗っかっちゃうと確実に病気になる。逃げなければならないときは逃げて、体制整えたほうが良い。無理してうつ病になって、何年も闘病生活するようになったら、無理した代償がデカすぎるだろう。

人生は一度きりだ。自分の好き勝手に生きるのが正しいと思う。他人の視線とか、建前なんて気にしなくても良い。

    スポンサーリンク