予想通り派遣の釣り求人に釣られました【わかった上で求人に応募してましたよ】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

わかった上で求人に応募してましたよ

先週の水曜日に派遣の仕事の面接をして、その場では派遣の担当は職場見学の段取りをするので、スーツの方を用意しておいてくださいと言っていたが、翌日に電話が来て今週の月曜日か火曜日にならないと職場見学ができるかできないかわからないと言い出した。

そして今日その担当から電話がかかってきて、コロナの影響でやっぱり募集はしていないことを告げられた。おそらくそんな物は派遣の担当はすでにわかっていて、そもそもその仕事の求人は空求人でしょう。

いきなり募集していないと求職者に伝えてしまえば、派遣登録もされられないので、面接時のときは調子のいいことを言って派遣登録をさせてしまう。登録をさせて求職者が応募した仕事に関しては無視し、別の過酷な仕事を押し付けてきます。今日も別な仕事を言われたが、それは断りました。

空求人を出して求職者を釣り、登録だけさせて別の過酷な仕事を押し付ける。これは派遣会社の定番的な罠です。そんなものは俺はすでにわかっていたので、すでに滑り止めを作っておいて、明後日また派遣の面接をします。だがしかし、その仕事に関しても滑り止めが必要なので、また新たに求人を探している最中です。

派遣会社というのは薄汚い商売してます。しかし、薄汚い商売をしなければ、派遣会社の経営も維持できません。誠意のある派遣会社なんてものは、すぐに倒産するだろう。派遣会社は求職者を騙し、ピンはねし成り立っている糞みたいな商売をしてます。しかし俺はそんな糞みたいなものにすがらなくてはいけない糞人間。

派遣会社も糞ならば、派遣社員も所詮糞です。俺は糞になるために今必死に行動をしている。俺もこんなのばかり見ていると心が折れそうになるが、その前に世の中がすでに折れている。俺の考えとしては、世の中はもうあてにならんので、自分のケツは自分で拭く。それができない人間はこれからの世は生き残れんだろう。俺はまだ拭ききれずケツにまだウンコがくっついている状態です。俺は自分のケツのウンコをきれいに拭き取れるようになることを目指している。

ま〜、1つ応募した仕事が駄目になったが、ドンマイドンマイ!

    スポンサーリンク