本音はもう少し無職でいたい【今日の面接もちょっとだけ不採用になればいいと思っている】

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

今日の面接もちょっとだけ不採用になればいいと思っている

俺は本音はもう少し働かず、人生の休養をとってゆっくりしたい。3ヶ月間くらいゆったりしたい。しかし実家に住んでいる以上、親の目があるのでそれはできない。なので、俺は自分の思っていることと逆の行動を無職になっても取らなくてはいけない。

仕事をまともにしていない親ほど、息子がちょっとでも無職になれば圧力をかけてきてます。無職になってもうじき3週間になるのだが、無職になることってそんなに悪なのか? 親父なんて自分は引きこもりでも、俺のことはそう見ている。親父自身は若い頃から引きこもりになっていたが、自分で俺は一生懸命働いてきたんだとか度々言い放ち、現実とは違うことを掲げ俺に対しては圧力をかける。

母ちゃんも俺が無職になって1週間程度で仕事が決まるだろうと思っていたらしく、母ちゃんも母ちゃんで世の中の状況を理解していない。しかし、母ちゃんを不安にさせたくないという気持ちがあるので、もう少し無職でいたいが絶えず就活をしている。

今日はあまり面接をする気にはなれない。なぜなら正直まだ働く気がないからだ。しかし俺の親は120%そんな気持ちは理解せんだろう。無理して休日の少い仕事をやろうとするのはどうなのかなと、心の中ではそう思ってしまうのだが、このままダラダラ就活してたとしてもおそらくまともな仕事なんてないのかなと思ってしまうし・・・。

もう少しインターネットでお金を稼げるようになれば、親を説得させて無職期間をもう少し伸ばすこともできたと思うが、今のネット収入だけでは説得はできない。バカなこと言ってないで仕事を探せと言われるだけです。

仕事をすることってそんなに重要なのかな〜?多少貯蓄があればちょっとの期間無職でいて、休養取るのもいいと思うんだけどね。俺もまた仕事が始まれば時間に追われる日々になるのだが、考えただけども憂鬱になる。

今日は面接があるのだが、採用されるのはそれはそれで良いのだが、心の奥底では不採用になってくれという願望もある。なんだかんだ理由をくっつけて無職期間を伸ばし、もう少しゆっくりとしたいなという気持ちがある。そういう気持ちがあるときに限って採用されてしまうんだよな〜。すぐに働きたいと思っているときに、不採用ばかりでなかなか働けなかったりする。

母ちゃんもこれ以上無職が続いたら大変なことになると言っていたが、俺も心身が疲れていることを理解してほしいのだが、母ちゃんを不安にさせることは俺はしたくないので、無理やり就活をしている状況です。母ちゃんの前ではなるべく暗い顔は見せないようにしているし、前向きな話をしてます。しかしたまに俺が暗い顔になっているの母ちゃんが見つけ、母ちゃんが不安そうになることがある。

一人暮らしだったら、もう少し無職でいると思う。しかし金が続かないからそんなに長くは無職でいられない。あ~働きたくない。それが本音です。

    スポンサーリンク

    コメント

    1. 匿名 より:

      千葉県にお住まいとのことですが、東京のタクシードライバーはどうですか?
      寮もあって休日も多く、コツをつかめば稼げるようになるのでは?と思いますが。
      今から10年やれば、個人タクシーの免許も取れると思います。