最近の不採用は放置スタイル【月曜日面接した会社からの連絡が結局は来ない】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

月曜日面接した会社からの連絡が結局は来ない月曜日面接した会社からの連絡が結局は来ない

月曜日に面接を受けた会社からの連絡が、結局は来ませんでした。採用なのか不採用なのか通知する義務ぐらいはあると思うのだが放置。最近は求人に応募しても面接をしても、後日そのまま放置されることが多い。

こちらとしては、しっかりと礼儀を尽くし面接をしているのだが、採用する側は非常識なアホが多すぎる。ま〜、最初から求職者をバカにしてかかってるんだろうな〜。不採用は不採用で良いのだが、そういうふざけたことやらかす人間が、平然ともっともらしい顔して生きているのかと思うと、なんとなく腹が立つ。

こんなふざけた連中ばかりの世の中じゃあ、コロナの影響で倒産する会社も出て当たり前だろう。コロナの影響でヒーヒーいっている会社ってのは、所詮そのレベルの会社に過ぎなのかなと思う。頭の良い会社ってのは、コロナを受け入れながらも経営を維持していく仕組みをどんどん作っていくんだろう。ま〜、日本にはそういった会社は少ないだろうが・・・。

面接やっても採用か不採用かも結果が出ないようでは、面接をやる意味もないわ〜。なんのためスーツ着て会社に行ったのかわからん。ま〜、放置されてるってことは不採用なんだけどね。

これからの時代は40代以上はバンバンリストラされるし、リストラされた中高年は行き場失って、せいぜい底辺肉体派遣労働しか働く場所しかないだろう。若い正社員に顎で使われて、中高年がヘコヘコ体を痛めながら必死に働く。俺はその経験は既にしている。これからは若い頃、普通のサラリーマンだった人もそれをやるハメになるだろう。

これからの40代以上の中高年は、底辺派遣労働を死ぬまでやるか、自分のビジネスを作っていって、それなりにヤリガイのある働き方をするかどっちかです。俺は底辺派遣労働の苦しみはとことん知っているので、自分自身でお金を稼ぐことを常に考えている。死ぬまで底辺派遣労働しかできない人生だったら、俺は今死んだほうがマシだと思っている。生きる意味がない。

世の中って糞みたいな奴らが多すぎ。ま〜、これにめげないでまた心改め就活をしていきますわ!

    スポンサーリンク

    フォローする

    スポンサーリンク

    コメント

    1. はらま より:

      ブログ主さん、映画ジョーカーに出てくる主人公アーサーみたいになってますね
      悪の道に走らないことを祈るばかりです