雇用されて働くことから卒業する【俺らの世代は年金は80歳までもらえません】

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

俺らの世代は年金は80歳までもらえません

今日も仕事探しを必死にやっております。明日と明後日面接が入りました。ま〜、あんまり期待はできないけどね。明日が正社員の仕事の面接です。明後日が派遣社員の仕事の面接です。明後日は柏の派遣の事務所まで行かなくてはいけない、電車で行くのだが、片道1400円近くかかる。遠いし運賃がキツいわ〜。往復で3,000円か・・・。

俺も今必死で仕事は探しているが、こういった雇用されて働く仕事は、片足でも良いので足を引っこ抜くことはしていかなければいけないだろう。要はどういうことかと言えば、俺らの世代ぐらいになると、老後年金は80歳からもらえるか、それとももらえないままになるのかという世代にあたります。

年金がもらえないということは、逆に80歳まで年金を収めながら働くということを意味しています。辛い仕事を80歳まで続けられますか?ということです。それか死ぬまで辛い仕事を続けられますか?ということです。俺は無理です。80歳に近づいて底辺肉体労働をやれと言われやったとしても、1週間以内に死ぬと思う。普通に何も考えないで生きていると、ホントに自分がそんな状況なるだろう。

現時点で収入が程々にある一般サラリーマンは、収入があるがそれなりの生活を続けてしまっている。ほとんどのサラリーマンは老後金欠になります。若い頃からミニマリストになって、コツコツお金をためていかないと、老後に地獄が待っている。

俺は死ぬまで働くのならば、今から好きなことを仕事にしていく行動はしていったほうが良いと思う。俺はブログです。将来的にブログから派生する何かを見つけるかもしれない。老後は極力肉体に負担がかからない、収益が発生する媒体を作っておいたほうが良い。You TubeでもブログでもSNSでも、今は情報発信媒体はいっぱいある。

今の段階の俺のベストな生き方は、まずは普通に非正規でもいいので、働きながらブログ書く。そしてブログやその周辺のSNSを育てていく。試行錯誤しながら運営方法も考え媒体を成長させていく。成長させていければ確実に収益もアップします。

ネット収益というのはストック型の収益なので、一度コンテンツを作ってしまえば、要は年金のように自分の口座に振り込まれていきます。そこらへんの金額を俺は月10万円くらいにまで持っていきたいと思っている。それが老後の年金代わりになり、多少普通の人よりもゆったりとした老後がおくれたら良いなと思っている。

ストック型の収益を作っていない人は、老後仕事を辞めたら収入ゼロになるパターンになる。しかも年金も貰うのではなく支払う側の立場になります。おそらく最低でも俺らの世代以降は年金は80歳でもらえるか、それとも死ぬまでもらえないかのどっちかです。

今から雇用されて働くことから卒業することを考えていかないと、死ぬまでドギツい仕事をやるハメになるので、今本業を持っている人は副業として自分のビジネスを持ったほうが絶対に良いと思う。それをやらないと老後は普通に死にます。

    スポンサーリンク

    フォローする

    スポンサーリンク