ぐうたら生活20年の親父【20年くらい食うか寝るしかしていない親父】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

20年くらい食うか寝るしかしていない親父

今日は俺は面接があるので昼間は出かけず家にいます。自分の部屋に引きこもって、親父を刺激しないようにこっそりと面接に行く時間を待っています。親父とすれ違うだけで、ブツブツブツブツ親父に文句を言われるので、とにかく家にいても自分の部屋から出れない。親父は突然1人で怒鳴ったりもします。たぶん俺に対してのことなんだろうが、俺も言葉がはっきり聞き取れないので何を言っているのかわからない。

親父は20年くらい食っちゃ寝を生活を続けている。今日も朝5時くらいから朝飯を食い、朝飯を食ったあとすぐに昼飯の心配をし、昼飯の準備をしてそれが終わると、自分の部屋でテレビを見たらながら食っちゃ寝をする。そして昼飯を食い終わるとまた夜飯の心配をし、夜飯の準備をして、また自分の部屋でテレビを見ながら食っちゃ寝をする。夜飯を食ったあとは20時前には就寝している。それを20年間くらい続けている。

40代まで働いてた頃は、親父は仕事を抜け出して家に帰って、毎日のように1時間くらいテレビを見ながら食っちゃ寝をしていた。親父は外回りのように見せかけていたが、そんなものは会社に見抜かれていて、そのこともクビになった原因だろうね。1時間も社員の居場所がわからなければ、会社も不審に思う。

やっぱり俺も家にいるとかなり圧力をかけれます。精神的におかしくなりそうなくらい監視されるし、いちいち文句を言われる。母ちゃんが俺にヨーグルト1つ買ってきくれただけで、親父はそれに対して大激怒します。親父は実家のものは俺に食わせるなという考えが物凄く強い。毎日親父は俺の目の前で温かい飯を食っているわです。俺には食わしてくれません。母ちゃんはそれが辛いと言っていた。この状況を解決するには、やっぱり俺が実家を出るしかない。

親父に関してはもう葬式を挙げてくれる人もいない。俺は親父が死んでも葬式は挙げるつもりはない。墓には入れる程度で済まします。墓はあります。何十年も家族に苦痛を与え続けているので、葬式なんて挙げられないだろう。

母ちゃんにも子供にも虐待が酷い人だった。だから社会からも家族からも見放されるんだろう。ホントに話し合いのできる父親を持った人は幸せだと思う。俺の親父のような人間は、いるだけで周りが不幸になる。

    スポンサーリンク

    コメント

    1. 匿名 より:

      YouTube大学でもいいんでアドラー心理学の嫌われる勇気読んでみてください。