親父の認知症が急激に悪化する

最近になって親父の行動や言動が急激におかしくなってきました。意味もなくフラフラ歩き回って他人の家にも入ってしまったり、一日何回も水撒きをするのだが、自分の家の庭だけではなく、周囲の道路や他人の家の庭までホースを引っ張って、気が狂ったようにもがいて水撒きをしている。

母ちゃんも親父と話しをしていても、全く噛み合わなくなってしまって、親父は突然興奮して手を震わせながら激怒することが増えているという。親父は耳も聞こえなくなっているのだが、親父自身それに自覚がなくて、母ちゃんが話しかけて聞こえないだけでも目を吊り上げて激怒するという。

俺も親父とはあまり顔を合わせないようにはしているのだが、顔を見ても話が通じるような人の表情は既にしていない。凶暴な動物のような表情になっていて、もしかすると俺が親父の息子であることも忘れている可能性もある。母ちゃんが親父の妻であることも忘れているかも知れない。家族へ対する愛情というものは全く無い。

もともと親父は若いときからやりたい放題で、周囲を困らせてきた。俺が困っていても全く相談相手にはなってくれなかったし、逆に落ち込んでいると追い打ちをかけて圧力をかけ虐め倒す。母ちゃんも長年虐められてきた。俺も弟もかなり虐められてきました。何一つ親父に対してはいい思い出というものがない。悪い思い出しかありません。

母ちゃんも親父が死んでも親父の葬式はやらないと言っている。俺もやるつもりはない。弟は音信不通になっているので、もう論外だろう。結局親父は死ぬまでえばっていていても、見送ってくれる人が一人もいなくなってしまった。親戚も既に死んでる人がいっぱいいるし、親父は親戚との関係も作ってこなかったので接点が全く無い。

親父の弟も言っていたらしいのだが、子供の頃から親父は周囲を見下し困らしていたという。親父の性格は元々ひどかったのだが、認知症が入りそれに輪をかけて今の状態になってしまった。親父は20年以上まともに仕事もせず引きこもり、家で自分のやりたように生きてきた。もう十分生きたと俺も母ちゃんも思っていて、俺も母ちゃんも親父が死ぬのを待っている。が、そういう人間に限ってストレスを溜め込まない生活をしているので、病気にもならず長生きしてしまうんだろうなと感じる。

俺は働くとしたら、生活リズムを俺自身のパターンも作らなければならないので、もう実家に住んで働くことはできない。親父は自分の生活リズムを邪魔されると、どんな理由でも怒り出す。それも興奮してからだが震えて怒り出す。

親父は飯の時間がきっちり決まっていて、その時俺が台所いるだけで、邪魔そうな顔をしてきてブツブツと言ってきます。母ちゃんも親父の飯の時間は口を出せません。ちょっとでも口を出すと親父が激怒するという。最近は手が震えて怒ってくると言っていた。

俺と母ちゃんは親父をあまり刺激しないようにしようと考えを決めました。そのうち親父は外で事故や事件を起こすかもしれないが、俺と母ちゃんにはなすすべがありません。親父は隣に住んでいる女の人の洗濯物のパンツもいつもチェックしてます。母ちゃんはそれを知って、がっかりしてました。ま〜それくらいなら犯罪にはならないが、それを持ち出したらまずいけどな。

ホントに人間的な理性を失ってしまったような状態に親父はなってます。これがピック病なんだろうね。

ランキングをチェック!