老後のための資産運用【つみたてNISAで投資信託】

つみたてNISAで投資信託

今楽天証券で投資信託の「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」を購入しました。月5,000円の積立投資になります。今までは「楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)」に月10,000円の積立投資をしていたが、そこを月5,000円の積立に変更し、今日新たに購入した投資信託に月5,000円を回すようにした。

つみたてNISAでの投資信託をする意味

間違いなく俺らの世代も老後年金の給付額が減額されるか給付時期を先送りされるか、下手をすれば年金が受け取れず、死ぬまで労働をしなければならない状態になるかもしれない。なので老後のためにもちょっとでも良いので資産運用はしたほうが良いと思う。

少額でも投資をしてれば、投資の勉強にもなるだろう。俺も50代60代になって慌てて投資をしようとしたところで投資って何なのか理解できないし、50代60代で投資を始めたところでもう遅い。

投資は若い頃からやっていないと意味がありません。年取ってから慌てて投資を始めても、投資期間が短すぎて利益が出ない。つみたてNISAでの投資はリスクも費用も少ないので、貯金の代わりとして投資するのも良いと思う。しかし余剰資金でやったほうが良い。無理は禁物かな。

月どのくらいの投資額で老後不安にならないのか?

月の投資金額は30,000円くらいだと、老後年金が足らなくても困らないと言われている。30代あたりから毎月30,000円のつみたてNISAで投資をしていると、老後の資産が3,000万円くらいになるそうだ。

俺は月1万円の投資が今の時点で限界だし、45歳から投資信託を始めているので、老後不安がないくらいまでには資産はたまらんだろう。しかし、何もないよりかはマシだと思いつみたてNISAで投資をしている。

俺は70代になってもおそらく労働はすることになるだろうが、投資で溜めたお金が若干でもあれば、フルで労働をしなくてもいいレベルになれるのかな〜とも思ってるが、ダメかな〜?

貯金の代わりにつみたてNISAでの投資はオススメ

楽天証券で投資をする場合は、楽天銀行と楽天証券がマネーブリッチで繋がっているので、操作が非常にわかりやすく、画面を見れば自分がやろうとしていることがすぐわかります。お金を楽天証券から楽天銀行に移動したりするのも容易です。

つみたてNISAの投資信託は買付費用がゼロで、管理費用が安いので、貯金感覚で投資もできます。一般の金融機関で勧められる投資信託は、買付費用や管理費用も高いので購入した時点で多額のマイナスになります。マジでぼったくりです。

投資信託をするのならば、ネット証券につみたてNISA口座を作って投資信託を購入するのがオススメです。基本ネット証券の投資信託は買付費用が0円が殆どで、管理費用もものすごく安いです。管理費用が安い投資信託を購入するのが良いのかなと思う。

投資信託をやるならば、楽天証券でつみたてNISAでやるのがオススメ。俺みたいな馬鹿でもできます。

注目記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク