現金として持つよりも投資信託【現金の価値は上がらない】

現金の価値は上がらない

投資信託を調べているうちに、今後は月収の3割は貯金感覚で投資信託に回していこうかなと考え始めました。銀行に貯金したところでお金は増えていきません。若干のリスクはあるかもしれないが、投資に回したほうが絶対にいいと思った。

貯金ではお金の価値が上がらない

俺は普通預金は一般の店舗がある銀行と楽天銀行の2つに貯金をしてます。今はその貯金をトータルしても20万ちょっとしかないと思う。マジに金欠状態でやばい。そこらへんはこれからまた派遣の仕事を探して、お金は増やしていきます。

今までは投資信託というものを知らなかったので、ひたすら銀行に貯金をしてました。しかし銀行にお金を置いているだけで、全然膨らんではきません。しかし投資信託を知って、今まで銀行にお金を預けているだけで、なんで投資信託をしなかったんだと今になって後悔してます。

20代後半あたりは貯金1000万あったが、その時投資信託を知っていればなとかなり悔いている。今は定期預金の100万と普通預金の20万ちょっとしかない。マジで若い頃からお金の勉強はしておいたほうが良いと思う。投資は損をするという固定観念があるが、投資信託はそこまでリスクはない。

独身なら収入の3割は投資へ回せる

独身で仕事をしているならば、給料の3割くらいだったら投資に回せるだろう。結婚して子供がいたら絶対に無理。それに加えローンで家を買っちまったら投資どころではない。今の俺は、負け惜しみかもしれんが、独身で良かったと思うわ〜。

派遣の給料の3割程度だったら投資に回せます。4割だとちょっと厳しい。2割だともう少し投資したいなという感じです。

つみたてNISAの月の投資の上限額は33,333円です。給料の3割ということはその額を超える投資をする月もあるだろう。その時は、つみたてNISA口座ではなく、特定口座で普通の積立投資を付け加えます。特定口座の場合は利益は課税されます。たしか20%だったと思った。つみたてNISAも20年後は自動的に特定口座に切り替わり、利益に関しては課税されるようになります。

今から投資をやっていけば、そこそこ老後までには資産は溜まっていくだろう。

投資のために底辺非正規労働もありかも

俺は底辺非正規労働に関しては全く生きがいは感じないが、投資のためにお金を稼ぐという意識に切り替われば、なんとなく底辺非正規労働でもちょっとばかりやる気が湧いてきそうです。

また来週の後半から無職になるが、稼げる仕事を探して、そして今度は一人暮らしと投資信託をするために働くといった感じになれば良いなと思っている。

もっと刺激的でイキイキした人生にしていきたいね〜!

ランキングをチェック!