ロボアドバイザー楽ラップを始める

前々から楽天のロボアドバイザー「楽ラップ」が気になっていました。しかしネットで調べていても、あまりいい話を目にしなかったので、少々ためらっていた。しかし投資はこれからはやっていかないと、老後が苦しくなるので勉強の意味でもやってみようと思った。

投資なんてものは若いうちからやっていないと意味がない。老人になって貯金がないから慌てて投資を始めたところで、長期投資はお金が増えていくのに時間がかかるものなので手遅れです。かといって、短期的に儲かるものに手を出したら、大きなリクスを背負う可能性はかなりデカい。

楽ラップは5つの運用コースがある。リターンとリスクの割合がそれぞれ違います。そしてTVT機能というものがあり、株式が下がり続けそうな時に、一時的に株式の割合を減らし債権を増やし損失を減らすというものがある。その機能はオンとオフは自分で決められます。

俺は運用コースは5つのうちの真ん中の、やや積極型にしTVT機能をオンにしている。なぜその運用コースにした方といえば、楽ラップとはべつにつみたてNISA枠で投資信託を買っていて、それがコケたときの防御対策として保守的なやや積極的コースに設定した。そのコースだと多少のリスクはあるものの大きな元金割れは起こしません。

楽ラップは毎月10,000円ずつの積立投資にしました。ちょっと前は楽ラップは100,000円の初期投資が必要だったが、今は10,000円の初期投資でスタートできるので、俺もそれを昨日知って楽ラップにトライしてみるかと思った。100,000円の初期投資だったら俺も流石にやらなかった。

貯金の一部を毎月投資に回していきます。貯金の残高状況で投資金額は調整していくが、基本こんな感じで投資を続けていこうと思う。

・投資信託(つみたてNISA) 月33,333円
・楽ラップ(特定口座 源泉徴収あり) 月10,000円

ということで、毎月43,333円の投資を基本的にはしていく予定です。お金を銀行の普通預金に入れておくよりも、一部を投資に回していったほうが膨らんでいく可能性は大きい。楽ラップに関しては防御型のコースを選択し、投資全体のリスクを軽減させる意味でも始めた。

今月から投資も本格的に始まります。また随時投資に関しては記事にしていきます。

注目記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク