所有するMacBook Pro 2010の今の状況

先週あたりに俺が所有するMacBook Pro 2010が使いもにならなくなったという記事を書いたが、なんとか復活させて今使っています。今はなんとOSはCatalinaをインストールして使っています。若干動作はもっさりしているものの、インターネットや軽い作業をする分には全く問題はない。

どうやってインストールしたかといえば、macOS Catalina Patcherというアプリを使って、古いMacのパソコンに強引にCatalinaをインストールするためのリカバリーメモリスティックを作るツールがありそれを使い、ネットの情報を見ながらインストール作業をしたら成功した。

巷ではM1チップを搭載した新しいMacのパソコンが登場しているようだが、俺は10年前に買ったMacBook Proを再生させてまだ使おうとしている。が、これが普通に使えてしまうんだよな〜。Macのパソコンは最近のOSさえインストールできれば、古いパソコンでも使えてしまう。

今所有しているのは、10年前に買ったMacBook Proと3年前に買ったMacBook Airの2台です。両方とも問題なく動作はしている。昔Windowsパソコンを使っていたが、10年も使い続けたパソコンなんてなかった。せいぜい5年くらいで新しいのに買い替えていた。Macは新しいパソコンがどんどん発売されて、その耽美新製品が気になるのだが、所有のMacが現役で問題なく使えてしまうので買い替えの機会がない。

貧乏人はMacのノートパソコンを買うべきだろう。かなりタフで長持ちします。MacBook Pro 2010も13万円で購入したものです。あとからメモリを増やしたり、SSDに換装したりはしたけど。MacBook Air 2017もネットでカスタマイズして特盛にしました。それでも16万円で購入できました。今Macのパソコンを購入するならMacBook Airが良いのかなと思う。よっぽど重い作業しなければ性能的にも全然足りるし価格が安い。今の俺から見れば、カスタマイズも必要ないのかなと思う。

Macを使いだしてから10年以上経つが、今は全くWindowsは弄くらなくなった。Windowsの設定の仕方なんてすっかり忘れてしまった。Macは見た目もおしゃれで、設定もわかりやすいし動作も軽い。iPhoneは俺は価格が高いから嫌いだが、MacBookに関しては下位のモデルは価格が割安なので俺は好きです。価格が割安なのに、性能的にも見た目も満足できている。

MacBook Pro 2010はまだしばらくは現役で使えそうです。

注目記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク