仕事でストレスが溜まっている【底辺派遣労働者の愚痴】

今の派遣の仕事をやり始めてから2ヶ月半が経っているのかな。正直なことを言うと、かなり苦痛に感じている。そして精神的に参っていて、毎日ストレスで腹痛に襲われながら仕事をしてます。おそらく今の仕事は俺には合っていない。俺が苦手とする職種でもある。

まず俺が今の仕事が嫌だなと思うことは、チームで一つの製品を組み立てる作業をすることです。俺は筋金入りのコミュ障なので、チームでやる仕事が非常に苦手です。それに周囲に業務スピードを合わせていくのが俺は苦痛に感じます。

今回の仕事で初めて製品を手作業で組み立てて行く作業をしているが、1日中おんなじところのボルトを締めたり、部品をはめ込んだりする作業が、単純作業すぎて度々精神崩壊しそうになります。常に精神コントロールとの戦いになっている。地味な単純作業はものすごくメンタルに応える。

体力面では常に手は腱鞘炎になっていて、小指の付け根もカクカク状態が続いているし、組み立てている製品によっては膝と腰がかなり痛くなることがある。重さ的にはそれほど重くないが、その数が多くなると結構きつくなったりもします。朝起床するときも体中が激痛です。

その割には給料は低い。このまんまじゃいけねえなーとは思っているし、この生活から脱出するために自らお金を稼ぐことを鍛えている。仕事の合間の休憩時間も俺はひとりぽつんと職場の片隅に座り、電子書籍を読んで学びの時間を確保している。はたから見たら、実に近づきがたい危険人物オーラを放ったチビデブ親父がぽつんと座り、夢中になってスマホで何かをしている感じに見えるだろう。

46歳独身が派遣社員をしている時点で、世間からは後ろ指を指される存在だろう。俺も今の自分は人生終わってるなと、重々承知している。今後ここからどうやって人生巻き返すかが勝負ってところです。

スキルのない中年がもう正社員なんてものには絶対になれないし、派遣社員を続けられる時間も、すでにタイムリミットが迫っている。派遣社員は45歳過ぎると、マジで雇ってくれる派遣先も減ってきます。もう残された道は、自らお金を稼ぐ術を身につけることしかない。

今年はコロナの影響で、世の中全体の働き方も大きく変わっていくだろう。正社員が解雇しやすくなれば、派遣会社の需要もなくなっていき、派遣会社自体が倒産し底辺で働いている派遣社員の働き口もなくなってくる。間違いなく今後の世の中はジョブ型雇用に切り替わるので、そこに派遣会社が入り込むスキなんてあるわけがない。

スキルのない人間はどんどんどん底に落ちる。逆にスキルのある人間はどんどん成長していけるだろう。俺はいい方向に人生に持っていける確率は皆無に等しいが、インターネットを使ってお金を稼ぐことは続けていきます。

『仕事でストレスが溜まっている【底辺派遣労働者の愚痴】』へのコメント

  1. 名前:雲の如く自由な男 投稿日:2021/01/09(土) 21:08:52 ID:aeae919f8 返信

    お疲れ様です。単調作業の連続はやはりキツそうな感じですね。ところでマリモン氏が動画配信から撤退されたそうですがそれについてはどう感じてますか?良かったらブログで語って下さい