ロボアドバイザー楽ラップのプラン変更【株式重視の投資】

楽天証券のロボアドバイザーの楽ラップが、何に投資をしていてどのくらい利益を出しているのかをチェックしてました。株式は利益が結構出ているのだが、なぜか債権がマイナスになっていました。

債権はリクス回避のために投資するパターンが多いが、リスクどころかリスクの根源に今はなっています。俺は投資についてはあまり詳しくないのでわからないが、債権がマイナスになる時ってどういう時なんだろうか?

そこで俺は分析し、長期投資においては債権よりも株式のほうが有利ということと、このマイナスなっている債権を減らすことを考えて、投資プランを積極型からかなり積極型に切り替えました。こうすことで債権の投資の割合を減らすことができます。

かなり積極的プランは、リターンもリスクも最大です。しかしリスクを軽減させるはずの債権が何故かマイナスになってるし、リスクを生みやすい株式が結構プラスになっている。楽ラップの投資に関しては、このプランで投資をしていったほうが良いかもしれません。

下落ショック軽減機能もオンにしてあるので、急激な下落時は自動的に売却するようになってます。多少リスクは伴うが、長期的に見れば資産は右肩上がりになるだろう。楽ラップでは20年間月10,000円ずつ積み立てて、資産を1000万以上に持っていければ良いなと思っている。

楽ラップ以外につみたてNISA枠で、月33,333円の投資信託への投資をしているが、様子見ていると投資信託よりも楽ラップのほうが損失は少ないです。投資信託は値が下がるときはかなり下がります。今が結構下がってます。しかし元本割れはしてません。プラス10,000円くらいで留まっている。調子いときはプラス15,000円までいってました。投資信託がこんな状況でも楽ラップはそれほどマイナスになってませんでした。

20年後までに投資信託と楽ラップの資産を2000万以上にもっていきたいです、俺は不幸中の幸い独身なので、余ったお金は投資に回せます。投資に回さなければ老後は金欠になるだろう。年金も期待できないし。おそらく俺らの年代は75歳あたりから年金が貰えるとか、そんな感じになるんじゃないのかなーと思っている。しかし75歳までどっかに雇用されて働くのは無理っしょ!

投資を続けるためには、働けるうちはブランクをあまりあけず働き続けなければいけない。今は派遣の仕事をうまい具合に入れていきながら、ネットで副収入を得てそれでお金を投資に回す。それを死ぬ気でやるしかない。俺は今の仕事が終わってもすぐ働く気でいます。そうしないと投資できなくなる。お金の不安から逃れるためには、今の俺にできることはこのくらいです。

スポンサーリンク

コメント

  1. ぽんたけつかはら より:

    足りない頭で下らん夢語りする暇があるんなら、勝手に人の家に入る父親をなんとかしなさい。
    立派に犯罪なんだから。
    ほんと君って能天気だよな〜w