【小林製薬じゃなく厚労省を叩け】政府は悪いことしよるな

スポンサーリンク

シェアする

最近、小林製薬の紅麹を含んだサプリが話題になっているが、だいぶ真実が見えてきている人が増えている。サプリの影響で体を悪くなっている人が出ているというが、実際はコロナワクチンによるものです。

国はワクチン被害を小林製薬のサプリのせいにしようとしている。紅麹は昔から日本人は使っていたものだし、紅麹の歴史を調べると2000年の歴史がある発酵食品だとも出てきた。そんな歴史がある食品が突然有害だというのもおかしい。それに今の時点では因果関係がはっきりしていない。

そんな状況で国は小林製薬を猛攻撃している。マスメディアも国とグルなので、デタラメな情報を垂れ流す。その情報を得て頭の悪い日本国民は間に受けて、小林製薬に対して批判的な考えを持つようになる。もうこのパターンもいい加減にしてもらいたいし、馬鹿な国民はいい加減に気づけよと言ったところです。

小林製薬のことを調べていると、コロナウイルスの薬の研究をし、99%のコロナウイルスをやっつける結果も出している。政府はそこが気に入らなかったんだろうね〜。そんな薬を出されてしまったら、コロナワクチン利権もぶっつぶれるし、そのそも国民を健康にされては人減らしもできない。

小林製薬のような人のために一生懸命努力している真面目な会社は、今の日本国にとってはかなり邪魔な存在。今回は完全に小林製薬は、政府に潰されました。日本は本当にそういう国なんですよ。

ただこういうことに気づかない人も多いし、僕がこんな考えを持ってれば、てめえは陰謀論者だろうと思う人もいるだろう。第二次世界大戦中であれば、僕のような人間は非国民と呼ばれる感じだろう。日本人は洗脳に侵された人が大半です。

まー、僕のような人間が本当のことに気付いたからといって、僕自身が助かるってわけでもないけどね。気付きながらも崩れゆく世の中と一緒に自分も崩れていく。それを考えると気づかないで生きている方が、余計なこと考えなくて幸せなのかもしれないけど・・・・。

もう自民党のやってることも、堂々とあからさまなことをやっているので、普通はおかしいなと気づくのだが、平和ボケした馬鹿な日本人は無関心で気づかない。気付いている人も少しずつ増えているけどね。おそらく日本国民の7割は平和ボケ人間ですよ。このまま今の日常がずっと続くと思っているのだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする