女とは無縁の生き方

べつに今となっては女とは無縁になってるとしても苦と感じることはない。しかし、その状況って本当に続けていて良いのかが疑問だなと感じている。

何も恋愛なんてする必要はないが、風俗ぐらい行って女のぬくもりをたまには味わったほうが良いのではないかと感じる。女のぬくもりを感じることって結構重要な気はする。女に興味がなくなっている男って、生物学的にどうなのよって感じ。今の俺はそうなりかけている。性欲よりも金欲のほうが膨れ上がっている。

できる男はSEXもしっかりやっている。逆に言えばSEXができない男はダメ人間にしかなれません。俺は女のぬくもりを感じることで、何かしらのエネルギーを得られるのではないのかなと思っている。男が女を欲しなくなったとき、男は生きる目的を大きく失うだろう。目的の失った男はやはりモチベーションも上がらず、適当な人生を送り続けてしまいます。若い頃俺も片思いの恋愛が多かったが、そういう状態になっているときってモチベーションが高くなっている。今は女を求めなくなり、モチベーションも上げる必要性がなくなっている。もうすでに諦め切っちゃってるんだろうね。

生物全てSEXのために生きていると感じる。どんな生き物もSEXをするために戦ったり、全力でアピールしたりするでしょ。人間も同じでSEXをするためにいろんなことで頑張るんだろうと思う。SEXをする目標がなくなってしまえば、頑張る必要がかなりなくなっていくだろう。

俺はもっと女に視線を向けるべきなんだよな。エロ親父と呼ばれても、まだそっちのほうが生き生きしてて良いと思う。