心の安定こそが財産

最近、精神的におかしくなっている人に出くわしたり見かけたりすることが多い。精神的におかしくなっているといっても、単純にうつ病になったとかそういうのではなく、他人に対して攻撃的な人を出くわすこと、見かけることが多いということです。

他人に攻撃的な人は、結果的にその人自身が精神的に病んでいきます。そういう人は他人を攻撃するということが習慣付いてしまっているために、他人を攻撃するというやってはいけないことをやらないと、気持ちが落ち着かなくなる一種の病気になってしまっている。そういう思考になってしまったら、何も前向きに考えられなくなるので、そこで人生が終わってしまいます。

俺も今は過去の過ちを反省しているので、他人を攻撃したり見下すことはしてません。そういうことをやる意味もないし、そういう思考が身についてしまうと俺自身が成長できなくなってしまう。そして自分の心が乱れる。

ホントに俺がこの人嫌いだなと感じたら、きっぱりと縁を切りその人のことは忘れることにしている。そうした人も何人かいるが、そういう人と縁を切れば、俺自身が人を見下したり、攻撃することもない。ネチネチと他人に当たり散らす人間は幸が薄いと感じる。お先真っ暗でしょう。

これから先俺は心を安定させることは重要で、職場の人間関係でも嫌いな人は無視をすればいいし、仕事以外でも嫌いだなと感じる人とは一切関わりを持たない。関わりを持ってしまうと自分自身の心も乱れるので、縁を切ることが一番の対策でしょう。

心が安定した状態でないと、計画的に物事を進めることができなるなり、人生の選択をミスる確率が高くなる。心を柔らかくし柔軟な考え方を持ち、視野を広げ全体を見渡すようにして生きていく。

ある程度心に余裕を持って、余計なことは考えず楽に生きる。それが俺が目指す生き方です。ビジネスを考えるにしても、柔軟で広い心がないとおそらく無理だと思う。他人に攻撃的な人が、ビジネスなんてできるわけもない。ビジネスとは他人を幸せにするものです。

俺は馬鹿にされても他人を馬鹿にはもうしないだろう。逆言えば、馬鹿にされるということは、馬鹿にしている人間に意識されているということだろう。喜ばしいことなのかもしれない。それだけ自分が、相手の心の中で存在が膨れ上がっているってことなので、バカにされた時点で俺の勝ちってことだろう。俺自身はどうでもいい人間なんて眼中にないしね。

そんなことより、今の職場の経営がピンチで仕事が少なすぎるんだがw 大丈夫かよw 3月末まで持つのかな〜?