人生楽に生きる

ここ10年俺の人生を振り返ってみて感じたことは、精神的に苦痛になる人生は続けてはいけないと感じる。将来のために、今は精神的に辛くて頑張り続けても、今の時代はその辛い状況がずっと続いてしまうだけになってしまう。辛い人生を歩み続けても、良い人生なんて絶対にこない。それは社会のシステム的なことで、今辛いと感じているのならば、社会的なポジションとして単純に辛いポジション属しているだけで、辛いポジションから抜け出すには、その人生で頑張り続けるのではなく、一旦頑張っていることを見直し場合によっては新たに違う人生を歩むべきだろう。

今の働き方から見れば、どんなに頑張っても生活が豊かになるチャンスというのがあまりにも少なすぎるし、ストイックに同じ仕事を長く続けるのが美徳とする昭和の古い考えでは、どんなに幸せを目指し頑張っても、幸せなんて掴めません。世の中派遣社員ばっかりになっているが、派遣社員が昭和の古臭い意識で仕事をしていたら、俺からすればまともではないと感じる。偉いとも思えません。

派遣の仕事は稼ぐ手段の1つとして、契約を守り最低限度の生産性を提供し給料をもらう。それ以上のやる気とが、出過ぎた責任感は必要はないと感じる。そういう風にしてしまうと、精神面でやられるだろう。今は個人でも趣味が仕事となる場が増えているので、派遣という働き方をしながら、個人で楽しく稼ぐことをしていく。それが一番人生が充実するスタイルなのかなと感じます。

一人暮らしをスタートしたら、インターネットを使っていろいろなことをしていきたいと思っています。