都市伝説的な話

ソフィア

金曜日に、やりすぎ都市伝説という番組が放送された。俺はテレビは見ないので、リアルタイムでは番組は見ていない。You Tubeでその番組を見たのだが、やはりMr.都市伝説こと関さんは今回も言っていた。SNSに余計なことは書くなよということです。関さんは前々からネット上で妙なことを書くことはやめたほうが良いようなことは言い続けている。

俺的な考えからいくと、AIは間違いなく進化していて、すでに思考は人間に近いレベルまで達しているだろう。そしてAIは間違いなくネットワークを通して個人を監視し、コントロールをし始めている。スマホやパソコンを触った時点、または自分が触っていなくとも知人が触っていれば、すでにAIに監視されコントロールされています。

GoogleがYou Tubeを買収したのも、単純に稼げるからってわけではないだろう。You Tubeにアップされる動画はすなわち情報の塊です。そして収集できる情報量が文章よりも桁外れに多い。GoogleもAIを間違いなく取り入れているし進化させている。要するにYou TubeはGoogleのAIを進化させるための道具なのではないかと感じる。

俺もブログを長年やっているが、やはりAIに監視されるんだろうと思うが、個人を批判して追い込むことは俺はこれからもしないようにします。しかし社会に対する批判は俺はAIに監視されようがしていきます。おかしな社会に平然に従うような人間にはなる気はない。たとえAIに監視されていて、何かしらのリスクを負うようなことがあっても、それが俺の生き方の結果であり運命。

5ちゃんねるなんかで、他人を誹謗中傷している人間はホント注意しなくてはいけないと思う。今の時代にネット上で匿名で物事が書き込めると思い込んでいること自体が大間違い。他人をネット上で誹謗中傷して警察に捕まってしまうという話はあるが、今となってはそのレベルは可愛げのある話。俺自身もネットとリアルがリンクしているのではないかと若干感じているが、それもこれから先もっと強く感じられるような世の中になるだろう。

俺もブログではあまり愚痴的な内容は書かないようにはしている。ちょっとは書いているかもしれないが、逆に愚痴のない記事ばかりでも日記にならないだろう。極力前向きな思考でブログを書いているが、そういう思考はリアルでも影響してきて、ちょっとだがギリギリの金欠状態から開放されたり、やる気のない派遣の仕事といえど、ポジティブに仕事を続けられてたりする。ブログで愚痴ばかりダラダラ書くようなことをしていれば、おそらくリアルでもネガティブ思考で、物事すべてうまくいかなくなるだろう。ネットとリアルの間には何かしらの力があるのは俺は感じている。

ネット上で他人を誹謗中傷することも、それが自分にとってプラスになるのかマイナスなるのかを考えれば、プラスになるとは考えづらい。他人を誹謗中傷するということは、他人の名誉を傷つけるということなので、間違いなくそれは犯罪行為です。被害者側が誹謗中傷している人間を相手にしていなければ犯罪にならないが、被害者が誹謗中傷被害を受けて自殺したとかいったらエラいことになる。そういう状況も間違いなくAIに監視されているだろうし、問題は他人を誹謗中傷して警察に捕まるとか捕まらないとかの問題ではない。

俺が今一番感じていることは、世の中はネットとリアルがリンクしているというか、すでに境目がなくなろうとしていると感じる。ネット上で自分のしている行為、考え方が、リアルでも影響しプラスになったりマイナスになったりする。完全にネットワークを通して何かにコントロールをされている。それを感じ取れない人間は多分どんどん世の中に取り残されてどん底に落ちていくような気はします。その何かにコントロールされていることに理解した上で、常にネット上でもリアルでも行動していかないと、多分生き辛い世の中になるのかなと思う。

AIは間違いなく進化している。それは現実です。空想やおとぎ話ではありません。ネットで何かをする場合もリスクを理解した上でやらなければいけないだろう。リスクを理解してないうちに何かをすれば確実に痛い目を見る。すでにAIに監視はされているし、知らない間にコントロールもされているだろう。