スポンサーリンク

【精神薬】医者の言いなりになり処方される薬は・・・

シェアする

今日は精神科に行ってきました。そして薬の方をもう少し強めの薬にしようと、医者が言ってきました。しかし僕は、薬は今飲んでいる一番効力が弱い薬で、もう少し様子を見ることを伝えた。

なぜなら、今飲んでいる効力が一番弱い抗うつ薬でも、心と体が若干おかしいなと感じているからだ。これでまた効力が強くなってしまうと、心と体が自分の意志でコントロールができなくなりそうだった。

精神病でラリっている人がたまにいるが、あれは薬の影響もかなりあると思う。あまり強い精神薬を飲んでしまうと我を失う。今僕が飲んでいる一番弱い抗うつ薬でさえ、脳みその一部分が麻痺した感じで、なにか大事なことが欠けちゃってるなという感じになります。そして体がフワフワします。

おそらく精神薬は思考を鈍感にさせて、ストレスが溜まらないようにしたり、考える力を低下させて気を楽にさせる効力があるのだろう。しかし、生きていくうえで大事な部分まで、鈍感にさせてるような気もします。強い精神薬を飲んでしまうと運転もできなくなるだろう。感覚が麻痺してます。

精神科の通院も、医者の言いなりになって、処方された薬飲んでるだけでは危ない。できる限り飲まないのと、効力が弱めの薬にしておいたほうが良い。僕もこれ以上効力が強い薬を飲んでしまったら、仕事どころではなくなり動けなくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク