【貧困】生活の破綻

ネットや週刊誌を見ていると、この世の中生活が破綻してしまっている人が多くいます。人生の歯車が一回でも狂えば、貧困から抜け出すのはかなり困難なことになる。

現時点で非正規労働者として働いている人は、確実に老後は生活が破綻します。老後生活していくためには、貯金が3000万くらい必要だと言われていますが、今の生活さえ儘ならない人が老後までに貯金3000万なんてできるわけがない。国が対策を練らない限り、少なくても今の非正規労働者は老後餓死します。今の国はどちらかといえば企業側のことを考え、貧困の人に対して口ではもっともらしいことをいうが、現実は何も対策は取れていない。というか、どんどん貧困の人を作り苦しめている。国も貧困の人を相手にしても利益がないので、国がとっている行動もわからなくもない。企業に有利になる政治をしたほうが国の利益になる。貧乏人相手にしていても出費がかさむだけだしね。

俺自身もすでに生活は破綻しかかっている。そしていずれ実家をまた出なければならない。俺も家族の関係があまりよろしくないので、実家をまた出なければいけない状況になっている。現時点で生活力がないのに、実家を出て大丈夫なのかって感じだが、金がなくても一人暮らしくらいしている人もいるし、40過ぎて自立できない人間ってどうなのよって感じはする。

とりあえず今の仕事は急に辞めることはできないが、そのうち時給が今よりも高い仕事に就くか、寮がついている仕事に就くか、どちらかを選ぶことになるだろう。計画的に冷静に判断し行動し、それでもホームレスになってしまったら、そういう風になってしまった人生も俺は受け入れます。しかしそうならないための努力はするつもりではいる。